読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

はじめに

私は2015年3月から7月の5ヶ月間で約26kgの減量に成功しました。これまでも何度か減量に挑戦したこともありましたがいつも三日坊主。そんな私が生まれて初めて獲得することができた減量幅でした。

ダイエットに用いた手法はこのブログのタイトル通り、「糖質制限」。詳しい内容につきましては他のウェブサイトやこれからの投稿記事をご参照頂きたいと思いますが、簡単に言えば、日常の食事から糖質、つまりは甘味や果物、甘味調味料、そして炭水化物などを徹底的に抜く、という手法です。糖質を制限すると体のメカニズム的に、糖質を脂肪として蓄えなくなるだけでなく、逆に既に蓄積されていた脂肪分を分解して糖質を作り出すようになり、その分痩せていくと言われています。

この糖質制限に関しては賛否両論あることは知っています。実際行ってみて、いくつかのデメリットを身を以て感じたのも事実です。ですが、たった5ヶ月で確実に26kgも痩せ、結果的に健康になったというこの事実。糖質制限以外で実現できる手法は、私にとっては無いと断言できます。

えーい、もうこうなったら、ちと恥ずかしいですが、私の体重などの変化を紹介しちゃえ!下記グラフは前回の減量時の体重の推移を示したものです。

f:id:takadera:20160105221358j:plain

2015/3/2の時点で、人生最重の112kg(!)を記録。その後、1ヶ月で一気に10kgマイナス。7月下旬には86kg前後まで落ちました。

そして、下のスキャンは、糖質制限開始直後と、終了間際7月末日での血液検査結果です。(before afterを確かめたく、病院に通って検査や指導を受けながら減量を行いました。)
f:id:takadera:20160105221409j:plain

ここ数年、肝臓値が悪かったのですが、ALT79→26、γ-GT350→34と5ヶ月の減量で大改善!お酒を飲み続けながらでですよ!糖質制限を行うと、皮下脂肪の前に、内臓脂肪から燃やされるらしいのですが、肝臓の脂肪が落ちて、元々持っていた能力が再生された結果でしょうか。

中性脂肪も291→115と半減以下で一気に適正値へ。食事がどうしてもたんぱく質中心になるため、コレステロール系はまだ高いものの若干改善、尿酸値は高くなってしまったので、尿酸値を下げる薬だけは今も飲んでいますが、以前と比べればはるかに健康体と、医者の先生にも太鼓判を頂きました。

その後、8月からは徹底した糖質制限から、緩い糖質制限に切り替えました。(その理由は糖質制限のデメリットとして、また別の機会にお伝えしましょう。)とはいえ、私自身、この5ヶ月間で食事に対する概念が根本から覆され、これまでの考え方が一変しました。そのため、糖質を積極的に摂ることを避け続けられ、2015年末では88kg前後を行ったり来たりと、なんとか維持することができました。

112kgから見れば、88kgははるかに痩せはしましたが、一般的にはまだデブの範疇。(私の身長は169cmなので、適正体重は約63kg) 糖質制限では適正体重までは落とせると言われているとはいえ、流石にそこまでは難しいと思っていますが、もう少し痩せてやろうと思っています。

そこで、これまで自分用に非公開で続けていた、体重やその日飲食した物の記録をこの機会に公開させて頂こうと思い、ブログを開設してみました。皆さんからの目があることで、自分へのプレッシャーを強めるのと同時に、確実に痩せてみせられる自信の現れでもあります。記録の他にも、糖質制限のテクニックや、糖質の少ない食品のご紹介などもできればと思います。

さすがに26kgも減らした後では、「どうやって痩せたの!?」「糖質制限?普段何食べて過ごしているの?」などと尋ねられることが多々あります。このブログがそうした皆さんへの一助にもなればと思います。

糖質制限は、”徹底的に”さえやれば、面白いほど痩せますよ!