糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

1/6 3日目 減りました!

今朝の体重:86.6kg (1/4 87.4kgから-0.8kg 昨日から-0.9kg)

はい、減ったーーー!昨日から見れば、0.9kg、ほぼ1kgである。とはいえ、1kgなど誤差の範疇である。糖質制限を緩めていた2015年の8月~12月の間、上限が89.6kg、下限が85.4kgとなかなか体重に振れ幅があったので、今回は84kg代に入ったところでようやく痩せ始めたと判断すべきだろう。まだまだこれからである。

<朝>

入浴後、メッツコーラを1本飲み、家を出る。

<昼>

今日は出先のため、外食。ここ2日間、比較的シンプルなものが続いたので、ガッツリ肉を食おう。肉だ!

◆いきなりステーキ(ワイルドステーキ300g サラダ・スープ)

f:id:takadera:20160106195730j:plain

肉なんか太る原因だろうとお思いの方もいらっしゃると思うが、実は糖質的には非常に優れたメニューなのである。牛・豚・鶏どれも肉は基本的に糖質が非常に少ない。(100gあたり、1g未満)これこそが「糖質制限は、腹一杯肉を食べられる」として歓迎される所以である。

誰かが上手いことを言っていたが、ダイエットは宗教みたいなものだ、自分が信じる宗派(ダイエット法)を、ひたすら続ける点が似ていると。(更に、なかなか報われないという点を私は付け加えたい。) 私が選んだ糖質制限の神様はなかなか寛容で、肉だけでなく、後日改めて紹介するが、酒類を選べば酒だって飲んでOK。カロリーをベースにするダイエット手法ではそうはいかないだろう。

ステーキソースには糖質が含まれるので、塩胡椒で概ね食べ終え、食べ終わり際に何切れかだけ、少しソースをディップして食べる。ステーキは美味しく、なかなかのボリュームだ。サラダとスープの人参と玉葱・付け合せのコーンは残す。ご飯は最初から要らないと伝えておいた。この「ご飯は要らない」と言える勇気が必要だ。

 水(500ml)を一本飲みながら移動。 オフィスワークの合間、もう一本 水(500ml)を飲む。

 <夜>

昼にステーキを食べ終えた直後、すぐにお腹が減りそうな気がし、何か間食をするかもと思っていたが、意外と夜まで我慢することができた。

◆サラダ(レタス・きゅうり・パクチー・スモークサーモン・ローストポーク・醤油ドレ)・ほっけ塩焼き

f:id:takadera:20160106235738j:plain

ちなみに、パクチーは家庭菜園が趣味の母の作だ。タイとか暑い地方の植物なのに、こんなに寒くてもまだ頑張って生育している。

今日の残念賞は切り干し大根を使ったブリ大根。

f:id:takadera:20160106235901j:plain

生の大根は糖質が少ない部類に入るのでOKだが、切り干し大根になると水分量が減り、凝縮され、100gあたりなんと約47gもの糖質が含まれ、完全にNG。しかも、甘辛く煮付けられていることからも、旨そうだが箸を付けずにスルー。

めかぶ・鶏団子野菜スープ(白菜・タケノコ・長ねぎ・しめじ)

f:id:takadera:20160107000235j:plain

めかぶは、付属のタレに甘味が入っているので、3/1程度使い、あとは醤油と酢を足して味を整える。スープは塩胡椒で味付けられている。タケノコの食感がいい感じ。こちらは2杯頂いた。

入浴後、メッツコーラを1本飲み、今、炭酸水を1本飲んでいる。この後、就寝予定。