糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

1/21 18日目 今日は一食だけに

今朝の体重:84.7kg (1/4 87.4kgから-2.7kg 昨日から-0.3kg)

うーん、昨日に続いてちょっと増加してしまった。だが、これは明日への減量のフラグではないか!?

<朝>

入浴後、メッツコーラを飲む。そのまま事務作業。水500ml1本飲みながら、

<昼>

外出があり、流れで昼は抜く。外出先で水500ml本飲む。

<夜>

無事、作業が終わり帰宅。今日は晩酌を頂きながら、今日はじめての食事を頂く。

◆サラダ(レタス・きゅうり・ローストビーフ・エビ 醤油ドレ)

f:id:takadera:20160121213030j:plain

サラダはいつもの半分の量で頂く。醤油ドレが旨い。

◆鶏鍋

f:id:takadera:20160121213217j:plain

様々な食材が入っている。鶏肉・白菜・長ねぎ・きのこ各種・豆腐・せり・鱈などなど。味付けを選べば、鍋は野菜とタンパク質を摂れる優れた調理方法だ。味付けは塩胡椒なので、非常に糖質的にも良い献立といえる。だしも、鶏ガラで取ったものなので、非常に旨味に富んでいる。特にセリの風味が非常に旨い。

◆刺身(やりいか)

f:id:takadera:20160121213441j:plain

これは昨日の残りだが、つまみに丁度よい。

◆鶏炭火焼

f:id:takadera:20160121213523j:plain

同僚のS氏の故郷、宮崎のお土産で頂いていた、宮崎の郷土料理、鶏の炭火焼のレトルトパックを温めていただいた。

S氏とのご縁があり、何度か宮崎を訪れる度に現地で頂く地元の名物、地鶏の炭火焼は、地鶏ならではの歯ごたえと旨味が強く、また、鶏の油が炭火に燻された風味がたまらない逸品なのだ。酒(特に焼酎)が進む進む。本物は地元でなければ味わえない旨い料理であるといえる。

ところが、宮崎空港のみで購入できると言われていたこのレトルト食品は、他の商品と比べても、非常にリアルに地元の味を再現できているのである。

私の地元、埼玉でも、東国原氏フィーバーの折りに、この鶏の炭火焼のレトルトの亜種がスーパーなどでも蔓延ったことがあった。しかし、宮崎空港で買える唯一のこの品を前にすると、どれを試しても実力が不十分で不味かったのだ。

久々の本場に近い味を楽しみながら、ウイスキーを頂く。地鶏の旨味と、炭火焼きのスモーキーさがウイスキーにベストマッチだ。あ、多分、味付け的にも糖質を感じないので、ほぼノーカウントといっていいと思う。(位の自然な旨さの味付けなのだ。レトルトなのに。)

軽く調べてみると、宮崎空港以外からでも、こちらからどうも取り寄せもできるようになったようだ。今日は酔っ払っているので、改めて後日精査し、注文をしたく思っている。

ステマでも、アフィリエイトで儲けている訳でもない。私は心底この製品を旨いと思っており、皆さんにお勧めしている。地方のお土産では、数少ない、本当に貰って嬉しい旨いと言える逸品だと断言できる。是非、お勧めだ。

この後、チーズを少しいただきながらウイスキーとチェイサーを飲み、今に至る。この後、就寝する予定。