糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

1/22 19日目 長崎ちゃんぽんとウイスキーのイベント

今朝の体重:83.1kg (1/4 87.4kgから-4.3kg 昨日から-1.6kg)

はい、フラグ回収!予感通り、カツーンと下がった。今月はまだ10日近く残っているので、82kg台を十分に狙えるペースだ。引き続き頑張ろう。

<朝>

入浴後、メッツコーラを飲む。コンビニで水2lを買って出社。コーヒーを淹れて飲もうとしたところ、コーヒー豆が切れていて、昨日買っておいたものを持って来るのを忘れていたことに気づき、セブンイレブンでコーヒーを買ってくる。今日一日はコンビニコーヒーか…。

 <昼>

◆長崎ちゃんぽん 野菜たっぷり食べるスープ

f:id:takadera:20160122133741j:plain

糖質制限中、付き合いなどで、どうしてもラーメン屋に入らなければならない時の必殺技がある。「麺抜き」で頼むのだ。特にタンメンは、具が野菜で、スープも塩なので糖質低く収められるはずである。

あの、長崎ちゃんぽんリンガーハットには、初めから麺を抜いたメニューがある。実はこのメニューの誕生には私が一噛みしているのだ。詳しくは後日、レビューでお伝えする。

期間限定の塩味にしてみた。確かに、普通のちゃんぽんスープよりもさっぱりしている。糖質が多く含まれている練り物やコーン、根菜は除いて食べる。スープも半分以上残す。ウェブサイトを見ると、一食炭水化物33.8gとのことだが、食物繊維量が書いていなかった。これだけ野菜を食べれば、それなりに食物繊維が摂れているはずなので、大丈夫だろう。

食後、コンビニでコーヒーを買って飲む。昼はファミマで買ってみて飲み比べた結果、セブンの方が上手だと思った。

<おやつ>

先日食べ残しておいた味わい昆布を食べる。半分の量なので糖質1.3g。

<夜>

定時に退社。今夜はウイスキーのイベントに参加するのだ。その前に、少しお腹に入れておくことに。

 ◆エビと卵の炒め

f:id:takadera:20160122232346j:plain

ハイボールと一緒にいただく。ウイスキーのイベントは、乗っけからウイスキーをストレートでいただくはずなので、少し酔っておく位が良いのだ。 

◆蒸鶏のネギソース

f:id:takadera:20160122232431j:plain

ネギソースと別添でいただく。ネギソースには糖質は含まれていないようだった。

◆ウイスキー各種

f:id:takadera:20160122232604j:plain

今晩は、「究極のアードベッグオフライン会」と称されたイベントに参加した。スコッチのシングルモルトスコットランドの蒸留所蔵出しのウイスキー)の中でも、特にクセのある、アイラ島という島にあるアードベッグという蒸留所の販売元が企画したイベントで、20人限定招待という、なかなかレアなイベントにお誘いを頂けたのだ。詳しくは個人のfacebookページで後日レビューするが、今やなかなか味わうことのできないレアボトルをいろいろ頂くことができた。

「冷たいうちにお召し上がり下さい」と言われながら、ウェルカムドリンクで頂いたのが、とても冷たい強いアードベッグだった。始め、加水されたトワイスアップかな?と思ったが、それにしてはいやに度数が強く感じる。??と思いつつ飲むのだが、強い割に、口当たりがなめらかでマイルドで美味しい。聞くところによると、10年を冷凍庫に入れ、一晩冷やしたものなのだとか。46度のアルコール度数だと、凍らないらしい。

アードベッグは、オフィシャル物でも珍しくノンチル(冷却によって成分の一つ、脂質分であるオリを除去することをしない)なので、冷凍するとオリが生じるのだが、それをコーヒーのペーパーフィルターで濾すことによって、マイルドな飲み口にして提供したものなのだとか。なるほど、こんな飲み方もあるのね、と目から鱗。

まぁ、そんなノリで、この日知見した情報はまた別に公開する。ウイスキーを数種類、おつまみにチーズを数切れ頂く。

ほろ酔いながら、楽しかったイベントを反芻しつつ、大手町から東京駅へ歩いていると、サントリー系列のプロントを発見。さっと一杯、ラフロイグハイボールを頂く。お店のお兄さんに聞くところによると、やっぱりプレモルが一番よく飲まれるが、次いで角ハイもよく飲まれているとか。

東京駅から車内バー。今まで飲んできた良いウイスキーから見ると、シャバシャバだが角ハイボール缶でカルパスをつまみつつ、浦和方面へ。

f:id:takadera:20160122234649j:plain

帰宅後、軽く入浴し、飲み直す。

◆ローストビーフ 白子湯引き 刺身(まぐろ)

f:id:takadera:20160122235112j:plain

勿論、連れはアードベッグ10年のハイボールだ。だが、アードベッグ10年ハイボールは、やや個性が強く、残念ながらこれらのツマミにはあまり合わなかった。写真の半分ほどいただく。

そして、自室でウイスキーを数種類いただきながら今に至る。