読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

ライザップをどう思うか?

記事

f:id:takadera:20160125175705j:plain

耳に残る曲と、分かりやすいBefore・AfterのTVCMですっかり広く知られている「ライザップ」。”結果にコミットする”というキャッチの元、数十万円と高価ではありますが、ほんの数ヶ月で痩せることができるジムです。

ダイエットを行っているということを話すと、冗談半分でライザップやったら?とよく言われます。そこで、ライザップの内容について調べてみましたが、つまりは「糖質制限+運動」なんですね。

専属のトレーナーが付き、週に2~3回、ジムで運動をやらされ、毎食食べたものを写真に撮ってトレーナーに送り、食べて良い物・悪い物の指導をしてくれたり、時には糖質が多いものを食べると叱ってくれたりもするようです。

そりゃ、糖質制限をしっかり指導されながら行い、運動も加えれば、2~3ヶ月で痩せないはずがありません。ライザップは、数ヶ月間、自分自身にお目付け役を雇うようなものだと私は理解しています。

f:id:takadera:20160125183129j:plain

契約していた期間が終わると、あっという間にリバウンドして元に戻ってしまったという話も耳にしますが、トレーナーというお目付け役が離れた時、自分自身で糖質制限を行う意思がなければ、以前の食生活に戻ってしまい、リバウンドしてしまうのは当たり前です。

重要なのは、トレーナーが付いている期間に、そのノウハウを吸収するとともに、糖質が如何に太るのかを自身で骨身に染みるほど理解し、その後も継続していく意思を固めることでしょう。契約期間さえ我慢していれば痩せるんだ、さっさと終わらせよう、という考え方では一時の減量で終わってしまうことは当然です。

パーソナルトレーナーをお願いして、ジムや毎食の指導をしてもらう以上、それなりに費用がかかるのは当然だと思うので、ライザップの価格は決して高いとは思いません。糖質制限を始めてみようと考えている人にとっても、自分でいろいろ調べて行うよりも、手っ取り早くその手法が身につくと思うので、糖質制限の学習のためにも良いかもしれません。

ですが、契約する人の意思や考え方・態度によっては、おすすめできる人・できない人が居るサービスだな、と思っています。