糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

2/17 45日目 なんと麦茶はNGだった!

今朝の体重:82.0kg (1/4 87.4kgから-5.4kg 昨日から+0.1kg)

またまた微増。ここ4-5日、停滞もしくは微増し続けていて、結局82kg台に戻ってしまった。そろそろカツーンと減ってくれないものだろうか。

<朝>

入浴後、メッツコーラを飲もうと思ったら、ストックが品切れだった。むむう、不注意。仕方なく炭酸水を飲む。途中、麦茶1lを買って出社。コーヒーを淹れて飲む。

<昼>

会社近くのスーパーで買ってくる。

◆スモークチキン サラダ(レタス・まぐろ・醤油ドレ)

f:id:takadera:20160217135107j:plain

まぐろが大きめのパックで500円とお買い得だった。カットレタスの上に載せて食べようとしたら、レタスを覆い尽くしてしまった。遠目から見るとマグロ丼だ。醤油ドレッシングは15mlで糖質量1.2gと非常に優れたものを購入。

スモークチキンは骨付きで食べづらかったが、サラダチキンよりも食感・味ともに食べやすかった。これで糖質量約0.2gと非常に少ない。

本当は糖質0麺も用意していたが、まぐろが思いのほか量が多く、キャンセルした。

◆寒天ゼリー

f:id:takadera:20160217135355j:plain

恐らく糖質量7~8g程度で食事を終えたので、昨日買っておいて手を付けなかったデザートを頂いた。

食後、コーヒーを淹れて飲む。そして麦茶を飲み干したのでもう一本買ってくる。

そして、会議前、会議室に麦茶を持ち込んで、開始までしばし待つ。その時にふと麦茶の栄養成分表に目が行った時、自分の目を疑い、そしてたいへんたまげた。

f:id:takadera:20160217183331j:plain

なんと、麦茶には100gあたり0.6gの炭水化物が含まれているのだった!糖質制限を始めてもうすぐ丸1年になるが、この瞬間まで全く気づいていなかった。つまり、1リットル1本あたり6g、一日2本程度は飲んでいたので余計な糖質を12gも摂っていたことになる。

子供の頃から麦茶は体に良いものと刷り込まれてきたせいだろうか、少しの疑いすらなく今まで普通に飲んでいた。(しかし、よくよく考えてみたら、思いっきり炭水化物の麦を煮だしているのだから糖質が入って当たり前である。)現在、自分が大丈夫だと思って飲食しているものも、今一度疑って再確認することが必要そうだ。ともかく今後は麦茶は控えることに決めた。

一口しか付けていない2本目の麦茶はもったいないが捨て、水500ml1本を買って飲む。

<夜>

自宅で夕食を摂る。休肝日3日目だ。明日からしばらく連日飲む予定なのでそれに備えていたのである。

◆サラダ(レタス・きゅうり・わかめ・醤油ドレ) イカ焼き

f:id:takadera:20160217234259j:plain

久々のわかめとツナの取り合わせが旨い。イカは醤油で味付けされていた。

◆オムレツ

f:id:takadera:20160217234340j:plain

中にはチーズとツナの残りが入っている。先日準備した糖質ハーフケチャップで頂く。ケチャップは通常のものより味が薄く、コクが無いが、ケチャップの風味は十分楽しめることができる。

◆ローストビーフ

f:id:takadera:20160217234354j:plain

昨晩の残りだ。写真の半分程度をいただいた。この後、味噌汁(豆腐・わかめ・ネギ)を一杯頂いた。

入浴後、メッツコーラを飲み、今に至る。今夜は炭酸水は頂いていない。