読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

ランチの選択肢が多めのファミレスはここだ!

f:id:takadera:20160213154514j:plain

安価で食べられるイタリアンのファミリーレストラン、「サイゼリヤ」。たくさんのお店が展開しているので、きっと皆さんのお住まい・お勤め先の近くにもあるのではないでしょうか。サイゼリヤは実は糖質制限中、ファミレスの中でも特に使えるレストランなのです!

f:id:takadera:20160213154800j:plain

仕事の打ち合わせ後、ちょうどお昼時だったので、そういえば近くにあるな、と思い出し行ったのは、サイゼリヤ・台場フロンティアビル店。

f:id:takadera:20160213155023j:plain

お台場にはあまり飲食店が無いことと、安く昼食を済ませられることもあり、多くのサラリーマンで賑わっていました。

f:id:takadera:20160213155127j:plain

だって、ランチのセットがワンコインで用意されているのですもの!ですが、当然ですが、炭水化物中心の内容となっています…。唯一、「鶏肉のオーブン焼き」がイケるかな?と思い、店員さんに尋ねてみると、唐揚げのように衣をまとっているのだとか。残念ながら断念。

f:id:takadera:20160213155317j:plain

サラダの種類が豊富です。4種類もあるファミレスは珍しいのではないでしょうか。

f:id:takadera:20160213155408j:plain

そして、何よりも助かるのがサイドメニューの多さ。チキン・ソーセージ・ハム/サラミ類はOKですね。199円メニューも、ポテトと青豆サラダ意外は恐らくOKでしょう。選択肢が多いのは非常に助かります。

これだけ食べられるものがあると、酒飲みとしては軽く一杯の時にも使いたくなりますが、イタリアンだけあってアルコール類はワインが中心の構成となっています。ワインは比較的糖質量が多く、一杯あたり、白ワインの糖質量は2.0g、赤ワインは1.5gとなっています。2~3杯程度でやめられるのであればまあOKですが。

唯一OKなのはグラッパ(ワインの搾りかすを使った蒸留酒)なのですが、基本的に食後酒なので飲みの中心としてはどうでしょうか…。キリン・サントリーの取り扱いがあるようなので是非、ハイボールもラインナップに是非加えて頂きたいところです。

f:id:takadera:20160213155839j:plain

パスタ・ドリア/グラタン・ピザ・米のページは目に毒です。さっさと飛ばしちまいましょう。(くっ、旨そすぎる…)しかし、イタリアンって炭水化物ばかりですね…。

f:id:takadera:20160213160027j:plain

ハンバーグ・ステーキ類のページは選択さえすれば食べられるものがありそうです。ハンバーグはOKとする人も居ますが、つなぎにパン粉が入っているので私はNG料理としています。

f:id:takadera:20160213160148j:plain

さぁ、実食です。「真イカのパプリカソース」と「小エビのサラダ」です。勿論、ソース・ドレッシングは別添で注文し、なるべく少量で済ませます。ボイルされたイカは刺身で食べられる鮮度のものなのだとか。ソースはパプリカとあったので用心していたのですが、ほぼオリーブオイルだったので問題ありません。サラダのドレッシングはオーロラソースのようなものなのでまあ大丈夫でしょう。小エビがたっぷりで美味しく頂けました。

f:id:takadera:20160213160440j:plain

メインディッシュは「若鶏のグリル(ディアボラ風)」です。ファミレスでは大抵、チキンかステーキになってしまうのですが、サイゼリヤの場合、チキンの上に玉ねぎ等の香味野菜のみじん切りが乗っており、なかなか風味よく頂くことができます。

f:id:takadera:20160213160637j:plain

野菜のシャキシャキした歯ごたえとその風味がチキンの味を引き立てます。ただ、玉ねぎは糖質が多めでNG食材なので食べる量は調整しましょう。私は半分程度は除いて食べました。チキンには下味が付いているのでそのままで半分以上食べ、残りを少し別添のソースにディップしていただきました。

なかなかボリュームもあり、その割にはリーズナブルに昼食を済ませることができました。選択肢の多さは糖質制限中にはとても助かりますよね。サイゼリヤ、是非、昼食に使ってみてください!