糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

糖質制限中に居酒屋で注文したいもの

f:id:takadera:20160326142651j:plain

糖質制限中、一人で食事を取る際は自分が食べられるメニューを選択すれば良いですが、友人などと複数人で会食だったり飲み会を行う時、なかなか注文が難しくなります。他のメンバーに糖質制限メニューを押し付ける訳にもいきませんし、これまで頑張ってきた分、NGなものを食べてしまう訳にもいきませんし…。

そんな時、「居酒屋」は実はとても重宝します。大抵、居酒屋の場合、いくつかのメニューを注文することになると思いますが、さりげなく糖質制限でOKな料理を注文することができますし、そもそも、糖質制限中にOKなつまみも多数あるのです。

糖質制限中に注文したいメニューを挙げてみましょう。

◆サラダ

f:id:takadera:20160326143503j:plain

まずはサラダを胃に納めましょう。野菜に含まれる食物繊維は糖質の吸収を穏やかにしてくれる作用があります。ただ、ポテトサラダやマカロニサラダのような炭水化物が入っているものは勿論NGです。野菜も、比較的糖質が多く含まれる、にんじんやオニオンスライスなどもなるべく避けたいものです。小皿に取り分ける役を引き受け、自分の分にはこうした食材を入れないようにすると良いのではないでしょうか。

また、私は外食でサラダを注文する場合、ドレッシングを別添えにしてもらっています。大抵の店ではドレッシングが多くかかっており、余計な糖質を摂取することを避けるためです。ドレッシングを複数種類から選べる場合にはなるべく糖質の低い、シーザーやごまのドレッシングを選びたいですね。

◆刺身

f:id:takadera:20160326144231j:plain

生の魚をシンプルに素材の味を楽しむ刺身。よくぞ日本人のご先祖はこの食べ方を今に伝えてくれたものです。基本的に魚類は糖質が低いものばかりなのでOK食材です。貝類の一部で糖質が多いものがあるので注意が必要です。

◆塩焼きの魚

f:id:takadera:20160326144620j:plain

焼き魚も非常に適しており、塩焼きという調理法の魚であれば殆ど食べることができます。ただ、西京漬けやみりん干し、粕漬けなど、調理法によっては高い糖質が含まれるので、調理法だけには要注意です。

◆焼き鳥

f:id:takadera:20160326144943j:plain

糖質制限の良い所は、調理法さえ気をつければ肉もお腹いっぱい食べてもOKなところです。焼き鳥で様々な鶏の部位を楽しんじゃいましょう!ただ、味付けは必ず”塩”で。間違っても糖質たっぷりの”タレ”で注文してはなりません。私の経験上では、最近の人は塩で注文する傾向があるので注文しやすいと思います。(私は本来は絶対タレ派だったんですけどね…)

◆飲み物は蒸留酒を!

f:id:takadera:20160326145538j:plain

居酒屋の良い所は飲み物の種類も豊富に準備されているというところ。ビールや日本酒・ワインといったいわゆる醸造酒は避け、ハイボールや焼酎で乾杯しましょう。私個人的にはウイスキーが大好きなのですが、最近のウイスキーブームの影響で、たいていの居酒屋でハイボールを普通に楽しむことができます。中にはバー顔負けの銘柄まで揃っていることもあります。(先日、全国規模のチェーン店居酒屋に入ったら、「スモーキーハイボール」と称して、アードベッグハイボールがあったのには驚きました。勿論、注文しました。)

他にも様々な糖質制限中でもOKな料理がいっぱいあります。冷奴などの豆腐料理、きのこ焼き、枝豆、ソーセージ盛り合わせ、オムレツ、チーズ盛り合わせ、ステーキなどなど…。調理法や味付けに注意しながら料理を選びましょう。

ただし、飲んだ後の〆のご飯類や麺類、そしてデザートは他の人が食べていたとしても、グイッと我慢しましょう!