読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

ビュッフェレストランのすすめ

記事

f:id:takadera:20160507140836j:plain

糖質制限中、外食をする時、一人であれば自分自身が食べられるレストランやメニューを選べば良いですが、友人など複数人で食事を取る際、店選びでなかなか厳しいせめぎ合いを行わなくてはなりません。以前、糖質制限中に適した食事処について記事を書きましたが、そうした店であれば選択肢が多いですが、適していない食事処に流れそうな場合、自分がイニシアティブを持っていれば話は別ですが、常にそうではないはずで、そうした場合にはなかなか厳しいものがあります。そんな時、思い切って「ビュッフェレストラン」(=バイキング)を提案してみてはいかがでしょうか。

定額の料金を支払った後は食べ放題であるビュッフェだと、つい、「元を取る」という考えの元、食べ過ぎてしまうのでは?とお考えの方も多いと思います。ですが、糖質制限中の身における、ビュッフェの捉え方をそうではなく、「自分自身が食べたいもの(食べられるもの)を同行者の意向を問わずに選択して食べられる」場として捉えてみてはいかがでしょうか。

f:id:takadera:20160322133816j:plain

通常のレストランの場合、注文すればするほど費用がかかるので、定額食べ放題だとどうしてもどれだけ多く食べ、得をしたかに意識が行きがちです。ですが、ビュッフェレストランには、店によっては数十種類もの料理が準備されています。その全てが糖質フリーであることはありませんが、確実に糖質制限中でも食べて良いメニューが複数種類はあるはず。更に食べる量も自分でコントロールすることができます。

また、同行者の理解があれば話が別ですし、同行者との関係性にもよりますが、注文するメニューを選択する際に、自分の意見だけを押し通すのはコミュニケーション的にもどうかと思います。その点、ビュッフェは自分自身が食べたい(食べられる)ものだけを選択することができるという点からも都合が良いのです。

f:id:takadera:20160507075446j:plain

ただ、繰り返すようですが、食べ過ぎては本末転倒です。食べる量を自分でコントロールできる自信の無い方は避けた方が賢明でしょう。

実際、私も糖質制限中に大分ビュッフェレストランにはお世話になりました。是非、こうしたレストランの活用もお試し下さい。