読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

8/14 222日 青森のお土産

今朝の体重:計測せず

今日も外泊だったため体重は計測していない。

<朝>

水やお茶を飲んだ。午前の新幹線で埼玉に帰宅する。2泊3日は短いものだ。叔父に最寄り駅である、奥津軽いまべつ駅に送ってもらう。今年の春に開業したての駅だ。ここから大宮まで3時間少しで到着する。便利になったものだ。途中、コンビニに寄ってもらう。

<昼>

車内バーをしながら帰路につく。

◆サラダ各種

f:id:takadera:20160815113816j:plain

どうしても人の家なので、食生活がいつもと異なってしまう。野菜サラダが食べたかったので2個購入した。

◆弁当

f:id:takadera:20160815113907j:plain

つまみ代わりに車内で購入。幕の内と聞いて買ったのだが、ご飯の上におかずがいろいろ乗っているタイプだった。ご飯は殆ど残した。

<夜>

自宅に帰宅し、片付けを済ませ、さっと入浴して晩酌を行う。

◆もずく酢

f:id:takadera:20160815114022j:plain

青森からのおみやげだ。もずくは殆どが沖縄産だが、青森の付近でももずくが取れる。しかし、他の地域に出回ることはなく、地元で消費されてしまう。非常にバリバリとした食感が特徴で、宅急便で送ってもらったりと、私も子供の頃から食べ慣れた食感と味が懐かしい。

◆牛肉

f:id:takadera:20160815114232j:plain

母はいろいろ忙しいので、冷蔵庫にあった牛肉を塩胡椒で焼いて食べる。賞味期限が今日までだったので調度良かった。

◆ミズのお浸し

f:id:takadera:20160815114324j:plain

これも青森からのおみやげだ。ふきに似た山菜で、独特の粘り気があり、さっぱりして美味しい。実家の裏庭に生えているものを貰ってきたのだ。これも青森の実家に帰るたびに食べていたものなので懐かしく味わった。

なんだかんだで疲れていたようで、早目に就寝した。