読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

4/28 479日目 ディープな赤羽、そして南浦和でグラッパを

今朝の体重:77.1kg (2016/5/1の74.2kgから+2.9kg  昨日から-0.4kg)

そこそこ減ったが、まだ77kg台。もう少し減らしたいなあ。

<朝>

入浴を済ませ、メッツコーラを飲む。打合せに直行する。

<昼>

少し早めに目的地に着き、早めの昼食を軽く取りながら仕事を行う。サブウェイでサラダだ。
f:id:takadera:20170428113327j:image

サブウェイはサンドウィッチのパン抜き、つまりサラダでも頂けるのだ。ツナサンドをベースにいろいろトッピングしてアイスコーヒーの大をつけたら850円だった。ううむ、何だか高いぞ。

打ち合わせ後、烏龍茶1l買ってオフィスに戻る。コーヒーを淹れて飲む。

<夜>

更に打ち合わせを終えて友人と飲みに行く。今日の河岸は赤羽だ。ディープな雰囲気を楽しむ。まずはおでんとウーロンハイから始める。
f:id:takadera:20170429004301j:image

2軒目は赤羽では有名な飲み屋に行く。鰻と鯉料理が名物のようだが、料理も酒も、味も値段もそんなに魅力的ではないが、客が常に引っ切り無しに並ぶほど盛況していることに疑問を抱く。
f:id:takadera:20170429004307j:image

次いで、南浦和のバーに寄る。先日、北浦和のバーで同席させて頂いた方の店だ。非常に雰囲気があり、スタッフの皆さんも気持ちのよい方々で、非常に良いバーだった。

いろいろモルトを頂くうちに、何故かグラッパ(イタリアの、ワインの搾りかすを蒸留して作る焼酎のようなもの)の話になり、いろいろグラッパを飲ませて頂く。名人の爺さんが作ったものや、樽に貯蔵したものなど、同じグラッパでもこんなにも違うのかと驚き、楽しい時間を過ごすことができた。グラッパでいろいろ種類を揃えている店も珍しい。

うーん、蒸溜酒はやっぱり面白い。グラッパという、新たな扉を開きかけてしまったような気がしながら南浦和を後にする。

地元北浦和に戻り、居酒屋で最後に飲みなおす。世界の山ちゃんで、いろいろ頂いた。
f:id:takadera:20170429004313j:image
今夜もまた飲みすぎてしまったなあ。