糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

9/12 616日目 現場の揚げ物弁当

今朝の体重:計測せず

いつもの外泊時の通り、一定の環境にない場合の体重計測は見送った。

<朝>

昨晩はちょいと飲みすぎた。朝の時点で二日酔いは全く無いのだがまだ酔いが残っている。早目に起床し、ホテルの大浴場のサウナを楽しむ。6分☓4本を朝から行う。重ねるが、これで水風呂があれば最強なのだが…。水シャワーと外気で体を冷やす。

ホテルを早目に出て、レンタカーを借りて、スタッフ一同を乗せて今日の現場へ向かう。アイスコーヒーを2杯、また炭酸水などを飲む。

現場は雨だ。ディレクターである私は大雨男なのだ。現場に着き、いろいろ打合せと段取りを済ませ、作業に入る。この現場は、当日にならないとスケジュールが分からないという恐るべき現場なのだが、そこは手練の高寺、スタッフの助けも受けながら何とか無事に対応するのだ。

<昼>

出演者の昼食シーンの撮影を終えれば、短いながらも我々スタッフの昼食の時間だ。ただ唯一、事前に手配できていた撮影準備、それがスタッフの弁当手配だったのだ。つまらぬこととはいえ、スタッフ10人分の昼食をどうするかは現場を回す人間としてはけっこう重要なことなのである。

f:id:takadera:20170912210533j:image

私自ら手配していたのだが、まー、いわゆる揚げ物の弁当だ。弁当の中で私が本来食べられるものは一切ない。しかし、現場は段取りが重要。(いろいろ段取らせてもらえない現場だったが。)私一人のわがままを、私自らが聞くわけにはいかない。

アジフライ弁当の、アジフライとコロッケ、ご飯を数口頂いて昼食を終えた。緑茶とともにいただき、食後にブラックの缶コーヒーを頂いた。

午後、気づけば高原は晴天である。高原の緑が晴天に映え、何だかんだで撮れ高が高く、いい撮影になったと思う。撮影先の皆さんも非常に協力的で有難かった。

<夜>

夕方にクランクアップ。スタッフの皆さんを新幹線の駅まで送り、同僚とともに18時近くの新幹線で関東へ帰ることに。もうへっとへとに疲れた。

新幹線の車内、仕事後の帰りとなれば車内バーだ。買っておいた氷や炭酸とともにハイボールを楽しむが、この時間帯の上田から都内に向かう新幹線が満席状態。お盆でもあるまいし、こんなに混むものかね…?3席の真ん中席で、粗相しないように十二分に気をつけながら、後席(3席の真ん中席)の同僚と間接的にともにハイボールを楽しむ。つまみはチーズだ。

f:id:takadera:20170912210543j:image

自宅に戻り、さっと入浴を済ませ、ハイボールで飲み直す。いつもの普段のつまみが何だかほっとする。

f:id:takadera:20170912210556j:image
食後、ウイスキーとチェイサーの水を飲んで過ごす。今晩は早目に就寝することに。