糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、40歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

3/26 811日目 味覚の喪失ともうやんカレー

今朝の体重:77.1kg (2016/5/1の74.2kgから+2.9kg 昨日から+0.5kg)

昨日、いろいろ食べ過ぎたな。ウィークデーで調整していきたい。

<朝>

起床し、入浴を済ませ、メッツコーラを飲む。今日はスタジオでナレーション収録なので新橋に直行だ。行きの上野東京ラインの車内で、流石に朝なのでバーでは無いが、喫茶店で買ったコーヒーを飲みながら移動する。

差し入れ用のお茶やら水やらを飲みながら、順調に作業を進行し、2時近くに終了。

<昼>

スタジオから新橋駅の途中に、もうやんカレーがあるのだ。ここは、小麦粉フリーのカレーなのでいい感じなのだ。ライスをキャベツに見立てて、カレーを頂くことに。

f:id:takadera:20180326220340j:image

実は昨日から、花粉症なのか、風邪なのかわからないが、鼻の機能がガバガバで、味覚が普段の8割減で、全く食べ物の味が分からないのだ。そこであえて味の分かりやすいスパイシーなカレーを選んだのだが、鼻をかんだ直後は味わえるのだが、気づくと良く味が分からなくなっている。ううむ。

お代わりも頂いた。途中、アイスコーヒーを飲み、オフィスに到着。

<夜>

オフィスで作業を行う。しかし、スタジオに呼ばれて作業しに再び新橋へ。諸々、作業を済ませ、メール対応も済ませるとすっかり夜だ。自宅に直帰する。車内バーでハイボールを楽しむ。

自宅に帰り、さっと入浴を済ませ、夕食をハイボールとともに頂く。引き続き、味覚が損なわれており、何を食べているかわからない状況だ。

f:id:takadera:20180326220350j:image

こんな状況なので、香り・味覚で楽しむウイスキーは勿体無いので、普段、苦手であまり手を付けない残っているウイスキーハイボールを作って飲んで酔うことに。

しかし、味覚・嗅覚がダメだと人生の楽しみが半減するなあ。明日には治っていることを願いつつ、就寝する。