糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、40歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

10/13 1012日目 神田でゴルフ・友人を迎えての食事

今朝の体重:78.5kg (2016/5/1の74.2kgから+4.3kg 昨日から+0.1kg)

微増した。まだまだヤバい領域だ。減らしていかなければ。

<朝>

起床する。身支度を整えながら、今日の予定を組み立てる。今日果たすべく、タスクは2つあり、一つは車で都内のオフィスに行って荷物を持って帰ることだ。2つ目は、ゴルフの練習を行いたいということだ。先に都内へ行くか、ゴルフの練習を先に行うべきか…。雨が降りそうだし、先にゴルフの練習を済ますべき??いんや、さっさと都内に行ってしまいたい…。

ひとまず、ゴルフの練習道具一式を車に載せ、運転を開始する。自分の性格上、分かっていた事だが、まずは面倒な都内のタスクを果たすべく、首都高に乗ってしまった。これが悪かったか良かったの判断ミス??の始まりだった。

10時過ぎ、先週引っ越ししたばかりのオフィスに到着。昨日、電話で依頼した通りであれば、郵便受けに私の鍵が入っているはずである。だがしかし!その郵便受けに至る自動ドアは土日祝日は施錠されるタイプだった…。つまり、入室ができず、どうしようもない状況だったのである。

仕方なく、ビルの出入り口に車を付け、別フロアのテナント含め、入退出する人を待ち受けることに。しかし、別テナントはお硬い系の会社のようで、土日は完全休みのようで1時間待てども動きがなかった…。自社内の連絡網で今日出社する人が居ないか訊いてみると、12時半に出社する人が居ることを確認できた。つまり、1.5時間ほど時間を潰さねばならぬことになった。

あぁ、こうなることが分かっていれば先に地元でゴルフの練習を済ませた後に来れば良かった…、というのは後の祭りである。

うん??ゴルフの練習???そういえば…。

先週、オフィスを引っ越した先のここ神田、いろいろ探索しており、オフィス近くに室内のゴルフ練習場があることを興味深く発見していたのだ。幸い、今日は車に道具一式が乗っている。1時間強、これはちょいと時間潰すには丁度よい時間だ。早速、車を駐車場に入れ、始めての都内の室内練習場の門を叩く。

なるほど。浦和辺りの打ちっぱなしと比べると狭すぎるが、自分のフォームを撮影し、プロのフォームと比較できるマシーンが標準で装備されている。(あちこちの練習場で同様のマシンを見かけていたが、料金がオプションでかかるので起用は見送ってきていたのだ。)

このマシン、飛距離云々ではなく、フォームの改善には非常に有益だ。自分のフォームが動画で録画され、プロのフォームと比較して自分の悪い点が明示され、改善点が明確にあぶり出される。モニターを見ながら、自分のフォームを改善させる努力を行う。

f:id:takadera:20181013233117j:image

たった1時間ではあるが、大分学び・改善できた有意義な時間だった。もっと早くこのマシンを活用すべきだったと思う。

料金も、マシンの利用料も含めると決して高くなく、しかも20分単位で利用が可能で、クラブ・シューズ・グローブは無料で貸出してくれるのだとか。前述のマシンがある打席は事前に電話すれば予約可能だとのこと。新たなオフィス近くにこんな素敵な設備があるとは!!空いた時間があれば通い詰めることにすることにしよう。迷わず回数券を購入する。神田万歳!

そんなこんなで非常にいい感じに待ち時間を潰すことができた。

<昼>

時間を潰した結果、休日出勤した社員と合流でき、無事にオフィスに入ることができ、荷物を運び出すことができた。

そのまま車で首都高経由で浦和へ戻る。先程のフォーム改善をより強固にしたくなり、地元のゴルフ練習場で更に1時間強打ちっ放し、これだけ涼しい気候の中ではあるが、がっつり汗を流す。これまでの間に水500mlを2本飲む。

一旦自宅に戻り、シャワーを浴びる。夕方、用事があり、外出する。古い幼馴染の友人を迎えに行き、用事を済ませる。その間、アイスコーヒーと炭酸水を飲む。何だ神田で昼食を食べ損ねた。

<夜>

用事を終えて帰宅。わざわざ浦和まで来てくれた友人をそのまま自宅に招いて久々に自宅で一緒に飲みながら夕食を頂く。昔はこうやってよく我が家の家族とともにこの友人と飯を食ったり、酒を飲んだものだった。

f:id:takadera:20181013232959j:image

友人に付き合う名目の下に、久々のビールを一杯だけ頂いた。その後はハイボールを頂いた。友人も久々の我が家の食事に満足してくれたようだった。

やがて、妹と姪っ子も我が家に来て一緒に夕食を頂く。妹も友人とは昔から知っており、久々に会って楽しそうだった。人見知りの姪っ子は初めは恥ずかしがっていたが、友人の人柄もあり、最後は懐いて楽しそうだった。

時間を迎え、酒を飲んでいない妹の運転で友人を最寄りの駅まで送ってもらい、駅前で別れた。

諸々の事情で思いの通りの用事にならず、友人には申し訳なく残念ではあったが、もし可能であれば再度このような機会を設けられば幸いと考えている。

帰宅後、ウイスキーとチェイサーの水を飲みながらトレーニングとゴルフの練習を行って過ごす。