糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

5/24 1235日目 宮城峡マイウイスキー塾1日目

今朝の体重:77.8kg (2016/5/1の74.2kgから+3.6kg 昨日から-0.5kg)

何とか77kg台に調整することができた!

<朝>

早めに起床して入浴を済ませる。浴後、ゼロコカ・コーラを飲む。

今日は休みを取り、週末と合わせて2泊3日の仙台旅行だ。ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所で開催される、マイウイスキー塾に抽選で当選したため、それに参加するのだ。昨今のウイスキーブームの折、非常に倍率が高く、ようやく当選したのだ。この日を心待ちにしていたのだ。

同行する友人と合流し、大宮駅へ。東北方面への移動は埼玉県南部民にとってちょうどよいのだ。

軽くサラダやチーズなどをつまみながら、ビール・ハイボールを朝から頂きながら新幹線で北上する。

f:id:takadera:20190527121546j:image

仙台駅の喫茶店で電車の乗り換え待ちの間に喫茶店でコーヒーを飲む。

仙台から作並まで40分程度ローカルの電車に揺られた。駅にはシャトルバスが待っていてそのまま会場へ誘導される。

<昼>

11時から1泊2日のプログラムが開塾される。全身、ニッカの作業着に着替え、始礼で開始された。下の写真は浮かている筆者の姿だ。

f:id:takadera:20190527121649j:image

まずは座学を軽く済ませ、その後、バス移動し、近くのレストランで昼食を頂くことに。メニューはハンバーグだ。

f:id:takadera:20190527121607j:image

パスタや別に出されてバケットは手を付けなかった。しかし、食後にコーヒーやらとともにデザートのケーキが出されることを知っていたら食べておくべきだった。

f:id:takadera:20190527121627j:image
こんな美味そうなケーキが出されたら手を付けずにはいられまい。美味しく頂いた。何ならストレートのウイスキーが欲しいくらいだ。セットで出されたアイスコーヒーで我慢する。

ところで、参加者(当選者)は20名なのだが、その中に2名ほどのウイスキー仲間が居たのだ。20名中、3名が知り合いというなかなかあり得ないめぐり合わせの中、食後、楽しくプログラムが進む。

普段、一般の見学では立ち入れないような場所の見学や、個性ある原酒5種類を様々な割合でブレンドを試す、ブレンド体験(もちろんテイスティングするのでそれなりに酔った)など、普段では体験できないことをいろいろと試すことができた。

夕方、一通りのプログラムを終え、作並温泉の宿へ移動。作並で一泊し、明日の午前までプログラムは続くのだ。

まずは温泉で汗を流す。風呂場でも参加者同士、温泉を楽しみながらいろいろウイスキートークを重ねる。

<夜>

そして夕食だ。夜は参加者全員と、ニッカの関係者も含めての懇親会なのだ。いろいろ美味しい料理をいただきながらまずはアサヒビールで乾杯だ。

f:id:takadera:20190527121731j:image

スタッフの方と、いろいろこの場でないと伺えないお話を興味深く交わしながら充実した時間を過ごす。ちなみに、ニッカのレギュラー品に加え、今では幻のシングルモルト宮城峡の10年ものも飲み放題にしてくださった。太っ腹!

f:id:takadera:20190527125721j:plain

明日、私達が仕込む樽も、10年後に頂ける予定なのだ。いずれ、これらのように美味しいウイスキーと熟成していくのだろう。10年後に思いを馳せながら美味しく頂いた。ちなみに、2本中、右側のボトルの方が美味く、一番最初に空になった。流石、このような会に参加される皆さんはなかなかの飲み手。正直だ。

やがて宴会はお開き。飲み残したボトルは部屋飲みの二次会に提供された。私の部屋を飲み部屋として提供し、参加者の皆さんとともにウイスキー片手にいろいろ会話を楽しむ。今日初めて会った方々ばかりだが、やはりウイスキーという共通言語があればすぐに馴染めるのがこの茶色の酒の不思議な力だ。

夜中、一旦中締めし、知り合い同士で少し飲み、日が変わる頃、就寝することに。