糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

8/9 1312日目 永田町の寿司と蕎麦

今朝の体重:79.8kg (2016/5/1の74.2kgから+5.6kg 昨日から+0.9kg)

81kgくらい行ったかと思っていたが、意外と増えていなくて逆にびっくり。

<朝>

起床し、入浴を済ませ、ゼロペプシを飲む。今日も永田町直行だ。水2l買って出社し、アイスコーヒーを飲む。

<昼>

昨晩、ラーメンを食べながら友人夫婦に「食堂に寿司カウンターがある」話とまだ行ってないという旨を伝えたところ、「ディズニーランドに行っておやつも食事もねだらない子のようだ」と、その勿体なさをとくと諭された。

つきましては、今日は糖質開放日ではないのだが寿司カウンターに突入してみた。おまかせ寿司(2500円)である。

f:id:takadera:20190809152259j:image

まずは茶碗蒸しと味噌汁がサーブされた。カウンター越しにで大将が寿司を握ってくれる。まずはマグロの中トロだ。ネタがデカい!そして質が良い。そして逆にシャリが小さめで食べやすい。

f:id:takadera:20190809152307j:image

大将はとっつきにくそうだったが、話してみると流石客商売で実は話やすい方だった。美味い寿司と、つい注文したビールとともに、永田町のカウンター越しで寿司を握り続けながら見聞きしたあんな話・こんな話を聞きながら楽しく、美味しい時間を過ごす。

f:id:takadera:20190809152322j:image

大将の「まだ食べられますか?」との言葉に甘え、生しらす・炙りハラス、おちょこで白ワインのサービスが。最後だと思われたコハダの旨さに言及すると、「青物お好きなんですね。鯵食べます?」ともう一カンサービスで頂いてしまった。

たまたま客が私一人で手が空いてたからかもしれないが、このボリューム・ネタの良さ・サービスで2500円は安い…。「次回はパートナーを連れてきます!」と約束し、カウンターを出る。

腹はなかなか一杯だったが、こうなっては私の食欲は止まらない。本館(国会議事堂)の蕎麦屋に突入だ!もり2枚(280円。安い!)を注文!

f:id:takadera:20190809152329j:image
ツユは少し甘め。蕎麦は茹でたて。頂くと都内で頂く蕎麦にしては美味い。

…だが、一般的には美味いのだが、秩父でいろいろと美味い蕎麦を頂いている身からするとなかなか物足りない。なるほど。蕎麦に対する舌が肥えてしまったのだろう。永田町で蕎麦を食べながら秩父の蕎麦に思いを馳せていた。

あーあ、まだ週末でないというのに糖質開放してしまった…。腹がいっぱいである。オフィスに戻り、アイスコーヒーを飲む。

夕方、パートナーが戻ってきたことにより、今週の最大のタスク、Uさん不在の留守番が何とか終了することができた。

パートナーの要望でコンシェルジュ的なところにダメ元で電話で聞いてみたら、なんと施設内にシャワールームがあることが判明。ついでに私もシャワーを浴び、さっぱりする。シャワーの他に、ジムやマッサージチェアなどもあってびっくり。

<夜>

そのまま、共通の友人とで夕食を頂くことに。まずは生ビールで乾杯だ。豚しゃぶをめんつゆで頂く。かつて人に連れて行ってもらったこの店のスタイルを気に入り、以降、自宅で豚しゃぶをするときには名一杯の千切りネギを入れ、めんつゆで頂くことにしているのだ。旨し。

学生以来、20年以上の付き合いの仲間だ。いろいろ他愛もない話、最近の話、ビジネスの話など、遠慮なく話せるのが良く、楽しい。ハイボールを頂く。

鍋を代え、カレー豚しゃぶに変更。カレーがまた美味い。カレーの〆といえばうどんだろう。

f:id:takadera:20190810004819j:image

軽くうどんを頂いた。

会計を済ませてまた来月の再開を約束して解散。恵比寿なのでSS(湘南新宿ライン)で車内バーを楽しみつつ浦和へ帰る。

自宅に戻り、さっと入浴を済ませ、自室にてウイスキーとチェイサーの水を飲んで過ごす。