糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

9/22 1356日目 関西2日目(京都)

今日の体重:計測せず

外泊だったため、体重は計測していない。

<朝>

起床し、慣れぬホテルのユニットバスで入浴を済ませる。宿泊プランに軽朝食が付いていたので食堂へ。見事に予告通り、ゆで卵とパンしか無い。サラダくらいあるのでは無いかと期待していたのだが。

カジュアルに誘惑に負け、パンを頂いてしまうことに。

f:id:takadera:20190922094532j:image

ロールパンがなんだかとてつもなく美味く、お代わりしてしまった。写真の他、コーヒーも頂いた。

自室に戻り、いろいろ身支度を済ませる。買ったことが身に覚えのないストロングゼロが冷蔵庫にあったため、それを飲みながら朝からキメながら準備する。

今日は夕方からの予定以外はキャンセルになり、フリーになってしまった。まずは今晩宿泊予定のホテルに向かい、その近くの喫茶店でアイスコーヒーを飲みながら、同行の友人の希望に乗っかり、午前からサウナへ行くことに。

祇園の近くにあり、なかなか快適なサウナだった。6~12分を5本程度行う。途中、給水器の水を頂きながら行った。

浴後、ひとまずサウナ内のレストランにてビールで乾杯だ。汗を流した後のビールは美味い。まずは昼食を外に頂きに行くことに決定。

<昼>

京都で人気のとんかつ屋へ移動。改めてビールで乾杯だ。湯葉コロッケ・メンチカツをいただく。キャベツはお代わり自由なのでご飯代わりに頂くことに。メンチ・湯葉コロッケともに旨し!

f:id:takadera:20190924000830j:image

なかなかのボリュームだった。

食後、茶を飲みながらこの後の相談をする。友人はこの後、銀閣寺に行くとのことでそれに同行することにした。銀閣寺、学生時代に数回訪問して以来だ。境内は記憶の印象通り、非常に美しく、渋いイメージだった。

f:id:takadera:20190924000857j:image
その後、一旦、ホテルに戻る。ここでこれまで一緒だった友人とは分かれ、今夜から明日にかけて一緒する別クラスタの友人とホテルにて合流する。

学生時代からのこの友人とは、当時、共通のバイトを行っていた。バイト先の代表にはいろいろ教えて頂いた恩があり、友人と最近飲んだ際に、「懐かしいねー」、「今回こそ代表に会いに行く?」「行こう、行こう!」、「んじゃ、連絡取ってみるわ。代表、久々っす!」、「高寺久しぶりやな~、いつでもええで。いつ来る?」そんなトントン拍子でこの連休に京都訪問が決まったのだ。

代表がわざわざホテルまで車で迎えに来てくれ、その足で懐かしいバイト先へ訪問。

<夜>

事務所併設のご自宅の、広いテラスで夕食をご馳走して頂く。代表家名物である、「義経鍋」をいただく。

f:id:takadera:20190924000913j:image

南部鉄器で作られた、独特な形状による鉄器でいただく、焼き肉と鍋のハイブリッドのような料理だ。各自の手元のエリアで肉を焼くと、肉の油や旨味が併設されたタレ受けに流れ、事前に注がれた醤油と加えられたにんにんくみじん切りによるタレにディップしていただく。中央の鍋部分では湯でキャベツが茹でられており、それも肉やタレと共に頂くとまた美味い。

…。ううむ、なるべく、簡潔に分かりやすく書いたつもりだが、なかなか分かりづらい…。簡単に言えば、焼き肉の亜種だと思って頂ければ良いだろう。ともかく美味い。そして酒に合うのだ。(代表曰く、「ご飯にも合うで~。何杯でも食えるで~。」とのこと。)

最長では20年近くぶりに再開した、私・友人・代表・代表の奥さんの4名で乾杯だ。話は尽きず、いろいろいろと話が続く。

「近々、飲もう!(会おう!)」と、オンライン・オフライン関わらず、友人・知人と軽い約束をしてしまうものの、実際には日常の忙しさでなかなか実現することができない。私の周りではそれを「飲もう飲もう詐欺」と呼んでいる。

今日の友人の言葉ではあるが、今回は中心となる3者が、お互い「会いたい」意識を共有し、実際に調整・努力の結果、実現できた非常に楽しい会だ。たまたまタイミングがあっただけなのかもしれないが、自分含めた3者が同じ方向を向いて今日を迎えられたことが何よりも嬉しい。

昔の思い出話・近況・映像技術論・レンズの力・編集論…、ほんと話は尽きない。台風が近づく中、時折、雨が強く降るが、吹き抜ける風が心地よい。蚊が出現して食われるのはご愛想か。

散々ビールやハイボールを頂き、最終的には日本酒・ワイン2本まで飲み干した。気づくと深夜というよりも朝に近い時間になっていた。すっかり酔っ払った代表を調整し、ご自宅を後にすることに。

ホテルに戻り、泥のように就寝する…。