糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

7/9 1647日目 皿ワンタンと炒麺

今朝の体重:85.1kg (2016/5/1の74.2kgから+10.9kg 昨日から±0.0kg)

昨日と変わらず!

<朝>

起床し、入浴を済ませてゼロペプシを飲む。雨が降ったり止んだりの気候で、早朝に地震があったりもしたが今日も都内へ行くのだ。

まず向かうは客先訪問で秋葉原へ。早めに目的地近くに着いたので喫茶店でアイスコーヒーを飲んで作業対応。電話も掛かってきたりしてその対応をしているとアポイントの時間に。慌ててMTGへ。

<昼>

MTGを終え、次は久々に四谷三丁目オフィスに行かねばならない。秋葉原から四ツ谷へJRで移動。ちょうど昼時の四ツ谷。そうとなれば、毎度お邪魔するワンタンの旨い店を無視できない。皿ワンタンの小とともに昼からビールで乾杯だ。以降誰と会う訳でもないし。ワンタン・ビールともに非常に旨し!

f:id:takadera:20200709231058j:image

そして続いてのオーダーは炒麺(チャーメン)だ。つまりは焼きそばだ。通常「そばメイン・肉野菜がサブ」な中、この店の焼きそばは「麺は野菜炒めの具材の一つ」といった感じで野菜メインなのだ。

f:id:takadera:20200709231108j:image

上記写真の野菜の下に麺がたっぷり入っている訳ではないのだ。終始、写真の通り。箸で一掴みすると、野菜炒めの中に短めの麺が2~3本程度入る程度だ。

f:id:takadera:20200709231200j:image

なので、かつてより私の中ではこの店の炒麺は焼きそばではなく、野菜炒めを頂いていると認識している。

しかしこれが旨いのだ!まぁ、見た目から想像する通りの味なのだが、塩胡椒・醤油・にんにく・生姜などでいい塩梅に味付けされている。しかも写真からは分かりづらいがボリュームが半端ないのだ。食べても食べても減らない。数人での飲みの際にシェアしてつまむのにもってこいだ。

ようやく炒麺を攻略し、〆代わりに付け合せのスープを頂く。ここの汁は、鶏ガラをベースに豚骨を加えた出汁に塩だけで味付けた、何とも滋味溢れる旨いスープなのだ。

カウンターで旨いスープを頂きながら厨房を覗いていると調理員の方は涼麺を調理中だった。夏限定のあの上海涼麺も非常に旨いんだよな…。なかなか四ツ谷に来る機会が多くないが次回はアレを注文することを決意し、残りのビールを飲み干して会計し、店を出る。

その後、四谷三丁目オフィスへ。必要な作業を行う。その後、郵便局へ寄って浦和方面に戻ることに。午後の浅い時間、空いている上野東京ラインにて車内バーでチューハイを楽しみながら。

とはいえ、対応が必要な作業がいくつか。駅前のカラオケボックスに入って作業を行う。残った時間はカラオケを数曲歌って楽しんだ。

夕方、自宅に戻る。

<夜>

水シャワーを浴びてさっぱりとする。夕食をいただくことに。ウーロンハイ・ハイボールで乾杯だ。

f:id:takadera:20200709231209j:image

枝豆、新たに畑で採れたものだとか。身の入りが良くなっている。だが、早くもそろそろ終わりだとか。残念だが。

食後、自室にてウイスキーとチェイサーの水を飲みながら作業を行う。今日は蒸すものの涼しめでエアコン無しで大丈夫だ。作業後、ゆっくりと過ごした。