糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

1/4 1460日目 糖質開放祭・その1

今朝の体重:82.1kg (2016/5/1の74.2kgから+7.2kg 昨日から+0.1kg)

微増!

<朝>

起床する。今日は4日。地元のジム&プールが再開の日なのだ。身支度を整え、ヴァームを飲んで参戦する。

15分程度まずはチャリンコで有酸素して体を温め、筋トレを行う。その後、30分程度走る予定だったのだが、実は正月前後のジョギングで足の裏を痛めており…。少し走ってみたのだが、やはりこれは養生が必要だなと思って止め、代わりに筋トレをもうひとルーチン行うことに。お陰で筋肉はヘトヘトだ。

その後、30分程度遠泳をする。ジムもプールも新年初営業なのでいつも以上に人が多い。

<昼>

自宅に戻って外出する。用事があって大宮へ行くことに。今日・明日は糖質を開放する日と決めていたのである。まずは時間つぶしにビールとともにかしら塩焼きとモツ煮込みを頂く。

f:id:takadera:20200104213824j:image

糖質開放するのだからタレでも頼めばよいのについ塩にしてしまうのはご愛嬌。でもビールに合う。旨し!

用事を諸々済ませた後は本格的に昼食だ。回転寿司などを頂いてしまおう。ビールとともに今日は勿論酢飯を残すことなどしない。旨し!

f:id:takadera:20200104213838j:image

糖質開放祭はまだまだ終わらない。大宮で美味いと聞いていた中華そば屋へ初訪問。ワンタン麺を頂く。

f:id:takadera:20200104213850j:image

なるほど、これがまた旨し!

レビューでは「スープが美味いのだが甘かったり…」と書かれていたが、その甘味はズバリ、野菜(主にネギ・人参・玉ねぎ)といった天然の甘みだ!旨味は鶏ガラと昆布だ!

何故分かるかというと、この年末年始含め、我が家で母が雑煮用に取っているベースとなるスープとほぼほぼ同じ味だったからだ。結果的にはこの店の中華そばは私にとって食べ慣れた味に近く、そりゃ口に合うわな、といった感じのものだった。硬めに茹で上げた細麺もまた非常に好みだ。次回はワンタンも餃子も半チャーハンも要らない。中華そば大盛りにしよう。

満腹になって北浦和へ戻る。そのまま帰れば良いものの、寄ろうとした蕎麦屋がまだ年始休みだったため、バス停に至る途中にあるモスバーガーにふらーりと寄ってしまう。そしてプレモルとともにチーズバーガーを頂いてしまうのだ。

f:id:takadera:20200104213903j:image
モスバーガーはほんと美味いなぁ。何年ぶりに食べただろう。そしてプレモルが非常に合う。

どうよ、この寿司・ラーメン・ハンバーガーというデブの理想郷。あー、腹がはちきれそうだ。

<夜>

自宅に帰り、ひとまず入浴して胃を含めて落ち着かせることに。

浴後、ハイボールを飲みながら夕食なのだが、全く胃が落ち着かず箸が進まない…。刺し身を少しつまむだけで夕食を終える。

f:id:takadera:20200104213914j:image

食後、自室でウイスキーとチェイサーの水を飲みながら作業を行いつつ過ごす。

しかし、時間が経つと体は正直なもので胃が空になってきた。〆で雑煮のスープを頂きつつ、昼間の中華そばを思い出す。やはり似た味だ。旨し!