糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾・44歳。2015年頃、都合9ヶ月間で約38kg減量。今は食生活を昔に戻しつつ、筋トレ等で体を鍛えながら減量中。

10/1 1731日目 新法人設立!

今朝の体重:86.0kg (2016/5/1の74.2kgから+11.8kg 一昨日から-1.1kg)

いやー、良い下がりっぷりだ!

<朝>

起床し、入浴を済ませてゼロコーラを飲む。そして外出だ。

実は勤めていた会社から独立することをかねてから要望していたのだが、諸々の事情で延び延びになっていたのだ。それがようやく実現し、8月末で創業メンバーの一人として13年間勤めた会社を退職し、自分の仕事を続けながら、今日10/1を設立日にすべくいろいろと設立の準備を進めていた。今日はその新法人の手続きなどに行くのだ。

まずは神田の公証役場へ。昔、この街にもオフィスがあったことがあるので懐かしい風景だ。

受付で「奥の大きい机へどうぞ」と案内され、行った先に公証人?毎の等しい大型サイズの机がいっぱいあり、どこに行けば良いか分からず「すいませーん」と声をかけても全く反応しない受付担当に「ちょっと!大きい机がいっぱいあるんだけど、どうすれば良いの!?」と怒鳴ってしまった点に関しては私には非が無いと思っている。(後で案内不十分ですみませんでした、と謝られたが。)

公証人の方は丁寧で非常に感じ良かった。手続き自体はサクッと終わり、定款などを出してもらえた。

それらの書類などを持って九段下の法務局へ。印紙を買って貼ったり、書類を出したりしてハイ終了。午前中であっさりと会社が設立されてしまった。(正確にはまだだが、書類提出して受け付けてもらった日が設立日になるとか。)

<昼>

さて、ちょうど昼時だ。何か昼食を食べようと考え、九段下の街を少し巡ってみるが、20年以上前、サラリーマン時代に九段下にオフィスがあったのだが、飲食店はだいぶ変わってしまい特に思い入れの店はもう無い。

まぁ、今日はお祝いということで昼から奮発しよう、とグランドパレスのビュッフェを頂くことに。昼からビールで乾杯だ。旨し!

f:id:takadera:20201001155801j:image

ローストビーフの火の具合がちょうどよい。イイダコとマッシュルームのバターソテーがいいツマミになる。写真の他にお代わりも頂き、食後コーヒーも頂いた。

夜、約束があるのだがまだ数時間あるので、半蔵門線で永田町へ。オフィスで作業をして過ごすことにした。水500mlとコーヒーを淹れて飲みながら作業を行う。

<夜>

夕方、作業を終えて私の会社の「本社」へお邪魔する。何だか変な表現だと思われるだろうが、私の会社はオフィス機能を一切持たない。自宅といつも出社している、性質上登記不可能な永田町オフィスが都内の仕事場なのだ。

しかし、オフィス住所がないと会社というものを立てることができない。なので、昔からの友人の会社の住所に登記させてもらうことになったのだ。そういう訳で、登記上は弊社の本社ではあるのだが、実質的には友人の会社を訪問するため「弊社の本社にお邪魔する」という表現になるのだ。(ここで仕事しろよー、とも言われているのだが。)

その友人と飲む予定なのだが、まだ仕事が終わっていないとのことなのでデスクと電源とWiFiを借りて作業しながら待つことに。

ようやく友人が作業を終えて飲み始めることに。建物の1・2Fが飲食店となっているのだが、2Fはランチ以降の午後の昼間と夜は使っておらず空いているので、会議室や応接室兼貸し切り飲みスペースとしても使っているという、なかなか素敵な環境なのだ。居酒屋メニューとともにシャンパン・ビール・ハイボールで祝杯だ。

f:id:takadera:20201001223941j:image

友人の他、このオフィスには友人の会社に直接的に関係無い起業家も詰めており、今日も乾杯の中に入ってくれた。近況・ビジネスの話題・雑談などいろいろと話しながら、楽しい時間を過ごした。

本社を後にし、皆と別れ、向かうは近くのアパホテルだ。安いうちに使い果たしてやろうと考えている。1泊4000円とそれだけでも安いが、今日から東京宿泊もgotoの対象になった。そこから更に割り引かれて2600円になり、更に地域クーポン1000円分も貰ったので実質一泊1600円だ。タダみたいなものである。都内に出るときには毎晩使おうかしら?

部屋に入り、シャワーを浴びてすっきり。その後、ハイボールを飲みながら作業することに。コンビニで買った軽いつまみとともに。

f:id:takadera:20201001223952j:image

夕方、facebookで新会社設立の報告をしたところ、「いいね」や「コメント」の嵐で実はスマホが鳴り止まなかった。

「会社設立」は、自分にとってはこれまでの活動を効率的に継続させるためにしなければならない行為だったが、その反面、やはり少しは気分が揚がる行為でもあった。

いろいろと頂いた祝福のメッセージや「いいね」等の反応は素直に嬉しく。3桁のエンゲージメントをfacebookで頂くのは初めてではなかろうか。(「起業」に相応する話題といえば「結婚」か「子供誕生」などだろうか?まー、それらは予定の欠片も無いがな!)

皆さんに返信メッセージを送って過ごした。