糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

4/22 1934日目 久々のゴルフ練習

今朝の体重:87.7kg (2016/5/1の74.2kgから+14.5kg 昨日から-0.5kg)

昨日、大盛り蕎麦を食ったのにまさかの減量傾向!

<朝>

起床する。入浴を済ませてゼロペプシを飲みながらNHKのドキュメンタリーを視聴してしまう。調理師を目指す高校生が、和食の銘店の有名板前から1週間教えを受けながら両親に振る舞う料理を完成させる内容にすっかり見入ってしまった。

まぁ、今日は自宅作業だからできる行為だ。何なら映像屋である私にとっては研修の時間と言い訳もできる。(誰にだ!?) まぁ、実際学ぶ点も多いので立派な研修でもあるのだが。

視聴後、自室にて作業開始。炭酸水や緑茶などを飲みながら作業対応を行う。昨日からのメール等で受けていた連絡対応や、事前にリストアップしていたタスクやらに対応する。

<昼>

作業を中断して昼食を頂くことに。低糖質カレーラーメンに、昨晩の食べ残しのカツ煮に卵を足して炒めたものをトッピングして頂くことに。旨し!

f:id:takadera:20210422204735j:image

食後、母に頼まれていた畑仕事を手伝いに行くことに。いんげん豆が15cm位に育っていて、それに蔓を這わせるための支柱を立ててもらいたいとのこと。「こんな軽作業?」と思いながらズブズブ20本位の支柱を立てる。続いて西瓜やトマトを鳥害から守るためのネットを張る支柱を立ててもらいとのこと。こちらは若干力が要るもののすぐに終える。

もっと作業があるのかと思えばこれで以上だった。1時間程見込んでスケジューリングしていたが10分程度で終わってしまった。年老いた母にはこの程度の作業でも自力で行うことが難しいらしい。茄子の短い支柱も婆さん仲間らとでようやく対処したとのこと。元々力が強くない母だが、やはり着実に年をとっていることを再認識した時間だった。

予定の時間を多く残していたので買い物等で外出。薬局、ホームセンター、100円ショップ、飲料店、電器屋などなど。思いつくまま買うべきもの・行くべき店を回って買い物を済ませる。

自室で作業対応を行い、夕方に仮店じまい。ランニングに行く時間を今日はゴルフ練習時間に充てる。前回2月に友人らとゴルフに行った際に散々なスコアでそれ以来一切クラブを握っていなかった。なのだが、明後日地元の友人らとラウンドに行くことになっているので少しは事前に確認しておこうと思ったのだ。地元の練習場へ。風が強いため、2階席がクローズになっており1階席は満員に近い感じだった。

2ヶ月以上ぶりにクラブを握る。練習の始めは散々だったが、基本の練習に立ち戻ってみると徐々に感覚を思い出す。苦手なアイアンもコツを思い出すことができた。まぁ、課題である飛距離が相変わらず無いのが悩みだが、とりあえず明後日はクラブを球に当てて前に飛ばすことくらいはできそうな感じだったので一安心だ。最中に水500mlとゼロコーラ缶350mlを飲んだ。Tシャツは汗びっしょりに。

<夜>

自宅に帰り、入浴を済ませる。続いて夕食を頂くことに。ビール・ウーロンハイで乾杯だ。ゴルフ練習と半身浴で汗を流した後なので非常に旨し!

f:id:takadera:20210422204745j:image

2ヶ月ぶりのゴルフ(練習)、久々に使った筋肉が多いようで足腰始めもう筋肉痛が始まりつつある…。ジムでも体感するがしばしば体のあちこちの部位を使わないとダメね。明日中で回復すれば良いが…。

食後、ハイボール片手に自室へ。作業夜の部の開始だ。随時、最低限の対応はしていたものの、これまでに受けていた連絡等をがっつり整理して返信したり、設定していたタスク処理したり。

途中、どうしても今夜中にスキャンしてメール送付すべき書類が発生し、徒歩で近くのセブンイレブンへ。昼の夏日のノリで短パン・Tシャツで出たら風も強くめちゃくちゃ寒かった…。

どうせ1万円程度だろうからスキャナも買うか。でもセブンだとスキャン1回30円なんだよな。でもでも自分が往復する時間のコストとこの不便なストレス天秤に掛けたら1万円は安い気がする。とはいえスキャンの需要など1ヶ月に1回あるかないか…。まぁ、次回同様の事象が生じたら考えることにしよう。

寒い中家に帰り、自室で作業の続きを行っていると昔からの仲間から仕事の電話が。その延長で近況報告や雑談などしたり。また新しいプロジェクトが始まるかもしれない。上手く継続案件として定型化させるべく、明日以降、関係各所に相談していこう。

その後はしばらくゆっくり過ごす。ゴルフ練習での筋肉痛がアレなのでてっぺんは越えたものの早めに就寝することに。