糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

7/6 2009日目 王子や赤羽のおでん

今朝の体重:計測せず

外泊のため計測していない。

<朝>

携帯のアラームで早めの時間に起床する。まずは大浴場へ。朝からサウナと水風呂の往復だ。朝からサウナ、贅沢だなぁ。すっかり整う。

その後、朝食を頂きに行くことに。普段朝食は取らないが、こういうところに来てしまうと頂いてしまう。旨し!

f:id:takadera:20210706084947j:image

朝からビールを頂いたのはここだけの秘密にしておこう。

今日のホテルはチェックアウトが11時なのでまだゆっくりできる。なのでもう一度大浴場へ。露天風呂と水風呂を数往復する。水風呂が遠慮ない冷たさの13℃。非常に気持ち良し!

部屋に戻り、缶ビールを飲みながら軽く作業対応する。その後、身支度を整えてチェックアウトすることに。

先週、いろいろと忙しめだったので今日はゆるりと過ごすことに決めていた。まずは上野から王子に移動する。飛鳥山公園の紫陽花を鑑賞するのだ。

10数年間、浦和→四ツ谷を車で通勤していた。帰りは(空いているので)首都高でしゅっと帰っていたが、行きの朝の首都高は渋滞しているため、所要時間がそう変わらないので下道で通っていた。当時ほぼ毎日、王子の飛鳥山公園前を通っていて、桜と紫陽花の名所であるここをいずれ良い時期に訪れたいと思っていた。

まだ紫陽花の季節である今日、訪問してみることにする。(別にいつでも行ける場所なのだが、いつでも行ける分、なかなか思い立たないと行けないものだ。)

ここに来る目的のもう一つの理由が王子駅前から飛鳥山公園までの間を繋ぐモノレールに乗車することだ。所要2分間、自動運転で公園まで連れて行ってもらえるのだ。

f:id:takadera:20210706194534j:image

「子供に人気あってねー。土日とかは長蛇の列だよ」とは、モノレールを管理する警備員のおっちゃんの談だ。

モノレールで公園の山頂へ。公園内を散策する。昔走っていた都電やデゴイチが公園内に展示されていた。なかなか熱い。

f:id:takadera:20210706195101j:image

よう知らんが、飛鳥山の辺りは渋沢栄一の別宅?だったようで博物館的なものを大々的に訴求していた。しかし、個人的に大河ドラマは全く興味無いのでスルーする。

毎度、車窓から眺めていた紫陽花たちを鑑賞しに行くことに。普段の視点と逆で紫陽花越しの京浜東北線などを眺めたり。

f:id:takadera:20210706193013j:image

ちょっとシーズンが遅めだった感はあるが、十分紫陽花を楽しむことができた。

<昼>

王子の後、赤羽に行って昼からおでんで一杯楽しもうと思っていた。だが、昨日焼肉を共にした友人はこの辺りをよく巡っているため「王子にもいいおでん屋ありますよー」と紹介されたので行ってみることに。

おぉ、確かになかなかいい感じの立ち飲みおでん屋だ。生ビール・瓶ビールとともに「蒲鉾」「おでん数品」を注文。非常に旨し!

f:id:takadera:20210706193025j:image

特に「カレー味」「ピリ辛味」の練り物団子が非常に旨し!自家製の「はんぺん」も非常に美味かった。これは王子に降り立ったら寄るべき店が生じてしまった。ネパール出身のお店のお姉さんとしばし会話したり。

さて、浦和方面へ。駅で麦茶600mlを一気に飲み干したり。

王子でいい感じのおでん屋に出会ってしまっては、このまますんなり帰宅はできまい。当初の予定通り、赤羽で途中下車。赤羽おでんの銘店にピットインする。「お一人一杯まで」の缶ビールで乾杯だ。

f:id:takadera:20210706193036j:image

あー、やっぱりこの店のおでんも旨いなぁ。練り物の紅生姜・玉ねぎが非常に旨し!

赤羽から京浜東北線で浦和方面へ。うっかり電車内で寝てしまい、与野まで行ってしまったので折返しの京浜で北浦和へ。もう今日は食べてしまおう!そのソウルで富士蕎麦へ。盛り蕎麦を頂いてしまう。非常に旨し!

f:id:takadera:20210706193048j:image

食後、まだ時間があったのでカラオケボックスへ。まずは作業対応などを行う。その後はハイボール等を頂きながら数曲歌うことに。つまみとしてチキン南蛮・甘酢無しをオーダー。そこそこ旨し!

f:id:takadera:20210706193102j:image

<夜>

カラオケを終え、バスで帰路に就く。普段の停留所よりも手前で降りて少し歩くことに。結果、なかなかの汗を流した。

自宅に戻り、さっと入浴を済ませ、晩酌を開始する。とはいえ昼からいろいろと食べていたため腹が減っておらず、軽くつまむ程度にしておいた。

f:id:takadera:20210706193113j:image

食後、ハイボール片手に自室へ。飲みながら作業夜の部の開始だ。諸々の作業対応等を行う。

その後、しばらくゆっくり過ごした後、早めの時間に就寝することに。