糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾・44歳。2015年頃、都合9ヶ月間で約38kg減量。今は食生活を昔に戻しつつ、筋トレ等で体を鍛えながら減量中。

8/10 2044日目 ステーキ屋のハンバーグ

朝の体重:87.0kg (2016/5/1の74.2kgから+12.8g 昨日から+0.5kg)

増えてしまった。

<朝>

起床し、入浴を済ませる。テレビでは甲子園の開会式を中継していた。今日から開幕だ。夏の楽しみの一つである。

自室でゼロペプシを飲みながら作業開始。今日は自宅作業だ。諸々対応を行う。

<昼>

作業を中断し、お遣い等あって外出。いやー、今日は特に暑い。普通に太陽光と熱風の風で火傷しそうな勢いだ。

諸々用事を済ませて昼食を外で頂くことに。ステーキ屋でハンバーグを頂くことに。ハンバーグといっても繋ぎがほぼ無い粗みじんの牛肉の塊だ。なるほど。こりゃいい感じの新感覚ハンバーグだ。旨し!

f:id:takadera:20210810195408j:image

おっさん型のプレート、おっさんの目に思い切り岩塩が乗っているが。サラダバーと併せていろいろと頂いた。アイスコーヒー等も頂いた。

食後、途中のスーパーでパンを買って今日もいつもの神社を詣でて池の鯉にパンを与えた。今日もこの暑さに関わらず食いが良い。

一旦、自宅に戻って荷物を置いて再度外出。夕方から走ろうかと思っていたが、この暑さだと流石に走る気になれない。なので散歩をすることに。数日前に妄想した「みぬてつ」第2期延長計画線である、「みぬてつ東浦和~みぬてつ東川口」を歩くことにした。

f:id:takadera:20210807152546j:plain

大きい画像はこちら

まずは「みぬてつ東浦和駅」建設候補地を考える。やはり有力候補地は上記map中にある「見沼通船堀公園」付近だ。JR東浦和駅から徒歩3分(実測)に位置し、公園の外にも土地の余裕がある。何なら本社機能をこちらに置いても良いかもしれない。

ここから延々と東川口駅へ向かって歩いていく。しばらくずっと遊歩道が整備されている。ただ、遊歩道間近に民家がけっこう建っている。この区間の用地買収も苦労しそうだ。

途中のこのエリア屈指の観光地「見沼通船堀」だ。ぱっと見、何ともオーラが無い。

f:id:takadera:20210810195434j:image

江戸時代、川を一旦堰き止めて、船を主流の別の川と同レベルに下げて合流させて米等の農作物を江戸に送っていたのだとか。いわゆるパナマ運河的なものの古いバージョンのようだ。

年に何度か実際に川を堰き止める実演をしているようだが、何も無いときは「ふーん」と数十秒眺めて次に行くような場所だ。みぬでんの駅設置の必要性までは感じない。

やがて歩いていくと見沼田んぼの南端とも言えるような場所に。今後、みぬでんがお世話になる予定のJR武蔵野線が走っていた。

f:id:takadera:20210810195445j:image

やがてみぬでん第2のBBQ会場予定地「川口BBQ公園駅」設置予定の「川口自然公園」に到着。BBQするには十分な広さであることを確認。やはり調整池も近いので拡張性にも期待できる。公園内の池ではおっさんたちが池釣りしながら楽しそうに語らっていた。

ここから乗り入れ予定の東川口駅に向かって歩いていく。しかし、そのルートはかなり住宅地として完成されていて用地買収がかなり難しそうだ…。その一方で綺麗に整備されているJR武蔵野線が羨ましく見える。

こりゃ、車体をフリーゲージトレインで準備して「川口BBQ公園駅~東川口」間でJR武蔵野線に乗り入れさせてもらうべきか。コストを考えるとBBQ駅を終着駅として東川口接続は諦めるべきか…。

まぁ、どれも実現性は無いのだが妄想するのは自由だ。悶々と考えながら歩いていると東川口駅に到着。これまで来たルート反対方向の武蔵野線に乗ると4分で東浦和駅に到着。1時間以上歩いて来たルートだったのだが…。

<夜>

自宅に帰る。1時間以上歩いて超汗だくだった。水シャワーを浴びる。

温泉・サウナ等の温浴施設が大好きなのはよくよくお伝えしているつもりだ。だが、特にこの季節、特に好きなのが「水風呂」だ。サウナ後の水風呂、冷たければ冷たいほど心地よい。

昨今の酷暑の中、自宅での水シャワーはまるでぬるま湯のようだ。いくら浴びても冷えた気がしない。自宅で冷たい水風呂を楽しみたい…。そんな思いで安いスーパーで売っているアイスロック袋(約100円/1袋)を晩酌のハイボール用以外に3袋程購入。風呂に水を張って3袋投入した。300円程度、安いものだ。

結果、そこそこ冷えていた。でももうちょっと冷たいと良いなー、といった感じだった。ケチらずもう数袋水風呂用に買ってくれば良かったなー、と思いつつもそれなりに水風呂を楽しむ。

さっぱりした後、夕食をいただきつつ晩酌を楽しむことに。0ビールで乾杯だ。非常に旨し!

f:id:takadera:20210810195458j:image

食後、ハイボール片手に自室へ。作業などを行って過ごす。オリンピックが終わると夜に観るものが無くて寂しいものだ。

その後ゆっくり過ごして就寝することに。