糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾・44歳。2015年頃、都合9ヶ月間で約38kg減量。今は食生活を昔に戻しつつ、筋トレ等で体を鍛えながら減量中。

8/4 2403日目 のんちゃん

朝の体重:80.5kg (2016/5/1の74.2kgから+6.3g 一昨日から+0.9kg)

ううむ、一昨日の焼肉ではしゃぎすぎてしまったか。

<朝>

起床する。今日は雨模様でここ連日続いていた猛暑が収まると天気予報で聞いた通り、久々に涼しい朝だ。窓を開けて扇風機で過ごせそうだ。いやっほう!

入浴を済ませてゼロペプシを飲む。今日は自宅作業だ。自室で水を飲みながら諸々の作業開始。CMSにデータを流し込んでサイトを構築したり。

昼からはクライアントらとテレカン。新しい担当者を紹介頂いて、新たなプロジェクトの相談を受ける。こりゃ、この先しばらく忙しくなりそうだ。

<昼>

MTGを終えればすっかり昼食の時間だ。だが、終日雨予報だったのに降っておらず、何となくまだ降ってきそうな気配もない。なので昼食はさておいて機材を持って家を出る。

雨のせいで今日は諦めていた、趣味半分で試したい撮影で大宮方面の片田舎へ到着。2時間程度屋外で作業を行う。ううむ、実際試すといろいろ気づきなどがある…。雨にあたらず無事撮影完了。

一旦自宅に戻って機材を置き、チョコをかじりながら食べそこねた遅めの昼食を取りに再度家を出る。

味噌ラーメンかとんこつラーメンでも食べるかー、と思っていたら、家の近くにあり、いつも客で並んでいるため行ったことの無かった担々麺屋が空いている。しかもまだ営業中なので入ってみることに。

「こだわり担々麺」を注文。なるほど、こりゃ非常に旨いわ!

f:id:takadera:20220804161935j:image

ゴマのコクがこれでもか!というほど出ている。肉味噌もとても旨い。こりゃ、ご飯が相当合うな…。そして人気店なのに店員さんがとても気持ち良い接客で好感が持てた。空いている時にまた是非来よう。

続いて向かうは普段ジョギングのゴール地点にある神社だ。ここ数日と、今日・明日走る予定がなく、例の神社猫の「のんちゃん」の様子がしばらく気になっていて仕方なかった。

社務所のおばあちゃん・おばちゃんに話を聞くとダメだったとのことだ。8/1の夜に旅立ったと。あー、そんな嫌な予感がしていたがやっぱりか……。しばらく立ち話してお悔やみを申し上げる。「参拝者の皆さんに可愛がってもらってのんちゃんは幸せでした」と。

最後に会えたのは先週の金曜日だ。私のスマホのフォルダに入っている、最後ののんちゃんの写真はその時撮影したものだ。

f:id:takadera:20220804161953j:image

この時もほんとは体が辛かったんだろうなぁ…。どうか向こうではゆっくり過ごしてもらいたい。

神社を詣でる。お寺だと焼香とかお線香うんぬんとか、成仏をうんぬんとか比較的分かり易いが、神社の場合どうすりゃいいのだろうか??完全無宗教の私は神道でのお別れの仕方が全く分からない。のんちゃんの姿を思い出して手を合わせ、神様にそちらでのんちゃんをよろしくと祈った。

のんちゃん不調を教えてくれた弁当屋の友人宅に今夜のおかずを取りに行く。訃報を伝えるのは辛いが仕方ない。立ち話は自然と生前の可愛い姿の思い出話になる。

<夜>

帰宅し、水シャワーを浴びてさっぱりする。するとさいたま市地方は超大雨になった。弁当引取を予定よりも早めさせてもらって良かった。休肝開け、今夜はビール等で乾杯だ。旨し!

f:id:takadera:20220804185054j:image

今日のメインは豚肉の梅しそフライのようだ。揚げ物だがさっぱりしていて旨い。

膝に我が家の黒猫「ポンすけ」を載せながら飲む。少しは親しみがあったとはいえ、よその猫が居なくなっただけでこんなに鬱々としてしまう。うちの黒猫は超元気ではあるがこの春ですでに16歳を迎えた。家猫でも十分長生きな年齢である。お別れの時も普通に考えればそう遠い未来でない。でも、できるだけ長く共に生活できることを願う。

いつもよりも早めの時間にハイボール片手に自室へ。作業夜の部の開始だ。超急ぎではないが、いろいろタスクが待っている。さて、作業しようとしたところに友人であるクライアントから入電。

電話で話しつつ、途中から結局画面を共有しながら打ち合わせ。結局数時間話すが、いずれせねばー、と思っていたMTGだったし、彼女も指針が見えてスッキリしたようだったので良かった。

さて、ようやく作業開始だ。昼の続きの作業対応を終える。

本来今夜中に終えたいタスクがあと2種ほどあるが多分完了は難しい。できるところまで対応して後は明日だ。

案の定、てっぺん過ぎてしばらくし、途中で力尽きた。何だかいろいろ忙しい一日だった。就寝することに。