読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

ランチにはガッツリ肉をいただこう! 「いきなりステーキ」

レビュー

f:id:takadera:20160109153907j:plain

糖質制限を行っている最中の悩みの一つが、外ランチ。ラーメン・牛丼・うどんそば…、糖質制限の視点から飲食店を見ると、なんと世の中糖質だらけなのかと感じます。

そんな時に非常に便利なのが「いきなりステーキ」。首都圏を中心に最近人気を集めていますが、非常に糖質制限中に優しいお店です。

f:id:takadera:20160109154239j:plain

開店20分後なのに、このお客さんの数。ほぼ満席でした。ですが、立ち食いのため、回転率は高いようです。この点が安くステーキを提供できる秘訣なのでしょう。

f:id:takadera:20160109154400j:plain

お得なランチメニューはこの2種類。ワイルドステーキにワイルドハンバーグです。夜のメニューのように食べられる分だけの量を注文することも可能です。(値段は変わりますが。)

迷わずステーキの方を注文。ハンバーグはつなぎにパン粉等が入っているため、基本的には糖質制限中には控えた方が良いと思います。もちろん、ライスは不要と注文します。

f:id:takadera:20160109155533j:plain

ステーキだけに、アルコールはビールやワインが中心ですが、きちんとハイボールの準備もありました。夜に軽く一杯も可能です。また、ソフトドリンクでは黒烏龍茶の準備もありました。

f:id:takadera:20160109154602j:plain

はじめにサラダとスープが出され、その後数分でステーキがやって来ました。見たところ、まだ赤い部分が目立ちますが、鉄板が熱々なので、各自で好きな焼き加減まで焼くことができます。

f:id:takadera:20160109154728j:plain

ガーリックバターが上にのせられています。肉全般に伸ばしていざ実食!

f:id:takadera:20160109154817j:plain

うーん、美味しい!お肉は値段の割には柔らかく、とてもジューシー。比較的赤身が多く、300gという量もなかなかボリュームがあっていい感じです。

f:id:takadera:20160109155021j:plain

目の前には様々な調味料も用意されています。わさびでさっぱりと食べることも!それぞれ自分で好きな食べ方ができます。

f:id:takadera:20160109155123j:plain

本来であれば、熱々の鉄板に、ステーキソースを流し込んで、じゅわじゅわの湯気の中、肉を喰らうのがいきなりステーキのスタイルですが、ソースは糖質が多く含まれているので避けたいところ。大半を塩胡椒で頂き、数ピースをソースにディップして頂きました。

f:id:takadera:20160109155250j:plain

そしてお会計。そこで少し嬉しい事が。ライス無しにした結果、100円の割引がされていました。通常、定食屋などでご飯を抜いてもらっても値段は変わらないことが一般的です。糖質制限しながら、お得に食べられてなかなかラッキーです。

 

赤身肉は糖質が少ないだけでなく、筋肉の材料となるタンパク質なので、筋肉がつきやすくなって代謝アップにつながったり、脂肪燃焼を促すL-カルニチンも豊富に含まれているのだとか。また、肉を食べた後、体が熱くなる感じがすると思いますが、これは消化するためにエネルギーが多く消費しているからなのだそうです。赤身の濃い肉ほど良いらしく、鶏→豚→牛→羊になるのだとか。

いきなりステーキでは、糖質制限ダイエットを応援しており、店舗によっては付け合せのコーンを別の野菜に変更が可能になっています。今回のお店はできないようでしたので、コーンは残しましたが、無駄が無くなって良いサービスですよね。

ランチ時に、いきなりステーキを見つけたら、即GOですね!