糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、38歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

1/28 25日目 昼食は牛丼の松屋で

今朝の体重:83.7kg (1/4 87.4kgから-3.7kg 昨日から+0.9kg)

昨日と比べれば増加してしまったが、想定内だ。私の体重の減り方についてはすっかりパターン化しており、カツーンと大幅減 → やや大幅に増加 → 2~3日微増減か停滞 → 再びカツーンと大幅減 これを繰り返し、長い目で見ると減少していくのだ。以前書いた通り、水前寺清子の「3歩進んで2歩下がる」なのである。この辺りの体重をキープできれば、数日後に82kg前半の数字を出せるはずである。重要なのは継続だ。

<朝>

入浴後、メッツコーラを飲む。コンビニで水2lを買って出社。コーヒーを淹れて飲む。

<昼>

今日も趣向を変えて、牛丼のチェーン店、松屋へ。勿論、牛丼を食べるわけではなく、松屋は様々なサイドメニューや単品での注文が可能なのだ。それらを駆使して糖質制限メニューを組む。

◆野菜サラダ(ごまドレ)

f:id:takadera:20160128133558j:plain

コーンは取り除く。人参は少量で、かつキャベツ類に混ざっていたのでそのまま食べる。松屋のホームページにはメニューごとの栄養素が細かく書かれていて非常に良い。糖質量5.6g。ごまドレは薄く掛けたので、併せて7g程度か。

◆冷奴 ソーセージエッグ

f:id:takadera:20160128133606j:plain

こちらも糖質制限中によく用いるメニューだ。冷奴は3.5g、ソーセージエッグは1g。ソーセージエッグは恐らくカレーライスのトッピング用だろう。

◆焼き鮭 牛焼き肉

f:id:takadera:20160128133616j:plain

焼き鮭は、鮭というよりマスかサーモンだが、手軽に魚が食べられるのは嬉しい。焼き肉は、塩コショウで下味が付いているので、大根おろしにはほんの少しだけポン酢を垂らしていただく。一緒に、牛丼用の紅しょうがを巻いて食べたら、また違う風味で楽しめた。鮭は糖質0.2g、焼き肉は2.4g。

と、なかなか満足のいくボリュームながら、糖質量が公称12.7g、調味料含めても15g程度で済んだのではないだろうか。いろいろ選ぶことができるサイドメニューや単品メニューを組み合わせる前提だと松屋はなかなか使える外食店である。

食後、会社でコーヒーを淹れて飲む。

 <夜>

夕方、打ち合わせに行き、その流れで夕食に行く予定だったのだが、相手が仕事が残っているためにキャンセルに。すっかり飲む気満々だった私は我慢できずに、近くにあった寿司屋に入り、刺身を食べる。

まずは残念賞。フグの皮ポン酢。ポン酢が強すぎ、甘みを感じ、一口食べて止めた。

◆光物刺身(いわし・鯵昆布締め・鰊)

f:id:takadera:20160128235651j:plain

ハイボールと頂く。光物は生姜といただくと非常に旨い。

◆刺身(みる貝・まぐろ中とろ・サーモン)

f:id:takadera:20160129000006j:plain

私は魚介類が好きだ。しかも貝類はだいぶ好きだ。スマホで検索すると、ミル貝は唯一貝類の中でも糖質的にOKだとか。本日のサービスメニューにあったので注文。値段の割に、中トロ・サーモンも思いの外質の良い物だった。

◆いかげそ(スミイカ

f:id:takadera:20160129000526j:plain

烏賊下足塩焼きとあったので、普通に頼んだら、スルメやヤリではなく、スミイカのゲソ焼きが出てきた。モチモチしていて旨い。塩焼きで頂く。

その後、浦和までの間、車内バーでウイスキーをロックで頂く。つまみはチーズ。

◆1軒目 バーでのチャーム(チーズ・きゅうりとサラミ)

f:id:takadera:20160129000747j:plain

浦和には実はなかなか良いバーが複数あるのだ。一軒目、久々に寄ってみた店だが、この時間にしては珍しく、酔っぱらいが多く(本来、グループ客は断っている店なので普段は静かな店なのだ。)、運悪くグループ間に挟まれてしまった。マスターには悪いが、一杯でさっさと退散する。

◆2軒目 バーでのチャーム(きゅうりと大根)

f:id:takadera:20160129002123j:plain

もう一軒、ハシゴした。こちらのバーは、チャームは普通、野菜スティックと味噌なのだが、バーテンダーさん(格好いい女性の方なのだ!)が、私が糖質制限中な事を覚えて下さっていて、人参を除いてくださり、更に味噌ではなく、セロリ味のする塩に代えてくれたのだ。そしてこの塩が旨いのだった!ご配慮に嬉しく思いながらウイスキーを数杯いただく。

◆宮崎の地鶏炭焼き

f:id:takadera:20160129003155j:plain

酔っ払って帰宅し、軽く入浴後、軽ーく、ウイスキーを飲み直す。数日前、宮崎から取り寄せた宮崎の地元でなければ買えないはずの、旨い地鶏の炭焼きのお取り寄せが届いていたので、温めて食べながら軽く飲む。スモーキーな炭火焼きの風味と味わいが、ウイスキーに非常に特に合う!大分取り寄せたので、しばらく楽しめると思うと、嬉しくて仕方がない。

この後、もう少ししたら就寝する予定。