糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

6/7 1615日目 日曜日

今朝の体重:83.7kg (2016/5/1の74.2kgから+9.5kg 昨日から±0kg)

<朝>

早めに起床してゴルフの練習に行くつもりだったが、二度寝してしまい、目が覚めると11時近く…。別に予定の無い休日だから良いものの、何となく罪悪感に駆られながら入浴を済ませる。ゼロペプシウイスキーを混入させて飲む。

<昼>

そのまま昼飲みに突入だ。冷蔵庫に昨晩の残りのおかずがなかったため、自宅で採れた夏野菜を使って簡単に調理する。ナスのオイスターソース炒めとピーマンのツナ和えだ。枝豆は母が茹でるでなく焼いたものを提供してくれた。ハイボールで乾杯だ。

f:id:takadera:20200607152254j:image

食べたりなさがあり、カリフラワーライスを使ってカレー味に仕上げたチャーハンも頂く。

f:id:takadera:20200607152306j:image

カリフラワーチャーハンはただの野菜炒めだ。味や風味、糖質的にもつまみに丁度よい。

食後、自室で少し作業などを行い、今朝、散々寝たものの軽く昼寝をすることに。

<夜>

夕方起床する。軽く買い物に出てさっと入浴を済ませると近所の子供達と遊んだ後、姪っ子たちが遊びに来た。ウーロンハイ・ハイボール等で乾杯だ。

f:id:takadera:20200607233858j:image

食後、ハイボールを飲みつつ、今日もトランプなどをして遊んで過ごす。楽しい時間を過ごした。

姪っ子たちが帰宅後、私が中学生のときに亡くなった叔父を思い出す。年に数回、我が家の家業を泊まり込みで手伝いに来てくれて、甥っ子である私や姪っ子である私の妹と、今日のようにトランプやらゲームやらで優しい叔父はよく遊んでくれたものだ。叔父さんに対しては良い思い出しか無い。

その叔父と、現在の私の姿を重ね、果たして今、私はかつて世話になった叔父のように私は姪っ子に対して良い叔父で居れているのだろうか、と考えつつグラスを重ねた。

その後、自室にてハイボール等を飲みながら過ごした。