糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、40歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

10/26 1025日目 仲間とビールと肉

今朝の体重:78.8kg (2016/5/1の74.2kgから+4.6kg 昨日から+0.3kg)

あれれ?太ってしまった。

<朝>

起床し、入浴を済ませ、メッツコーラを飲む。今日は午前は旧オフィスのあった神楽坂にあるかかりつけの病院に行くのだ。時間つぶしに喫茶店でアイスコーヒーを飲みながら事務仕事。

<昼>

受診を終え、昼食を取ることに。古巣、神楽坂での昼食といえば、タイ料理のセミビュッフェだろう。以前は毎週通っていた店だが、数週間ぶりに入ると懐かしくもある。豚肉乗せ麺・麺抜きを中心に、グリーンカレー等を頂く。

f:id:takadera:20181027011658j:image

今後も、月イチで通院する予定なので、毎月の楽しみが残ったともいえよう。食後、ココナッツミルクのデザートとコーヒーを少し頂いた。

午後、オフィスに到着。メッツコーラと水500mlを飲みながら、怒涛の打ち合わせ&事務作業だ。金曜中に済ませておくべく作業がたんまりあるのだ。

<夜>

夕方、会社を出て、今夜は飲み会だ。現在だけを切り取ると、クライアント・発注先・パートナーといった関係性の4人だが、実は学生時代からの知人であり、私以外は同じサークル仲間・その内の一人は私の高校時代の先輩であったりと、お互い、微妙に立ち位置は違うが、結局は旧知の仲なのだ。

ビールの旨い店だったので、久々にグラスビールを頂く。サントリーの武蔵野工場のミニブルワリー謹製のアルトを頂く。武蔵野ミニブルワリーといえば、ザ・プレミアム・モルツ産みの親ともいえる、山本隆三氏が建設に携わった設備だ。プレモルもここで実験的に製造して開発されたのだ。最近のクラフトビールブームの折、ミニブルワリーでも少量のこだわりビールが造られているのだろう。

久々のビール、というだけでなく、流石、サントリー直営のダイナック。ビール自体もコンディションや注ぎも良く、非常に旨かった。できれば他のビールも非常に試したかったが、糖質を考えるとそれは留めておいた。

軽くビールが入ると腹が鳴る。ビアホールをイメージしたメニューは肉主体だ。酒に肉。いい感じである。

f:id:takadera:20181027011707j:image

2杯目以降はメガ角ハイボールを頂く。旧知の仲同士、非常に楽しい時間を過ごした。

帰宅の際には車内バーを楽しみながら帰る。缶の角ハイボール濃いめに、サラダチキンをつまみに楽しむ。

f:id:takadera:20181027011713j:image

てっぺんを回った頃、浦和に到着。調べると、まだこの時間、北浦和から深夜バスが出ているらしい。どんなものか試しに乗ってみる。多く並んでいるように見えるが、意外とバスの収容力は高く、ギリギリ座ることができた。深夜バスもなかなか使えることが判明した。

自宅に帰り、さっと入浴を済ませる。自室にてウイスキーとチェイサーの水を飲みながら、トレーニングとゴルフの練習を行った。

あぁ、ここ数週間、非常に忙しい。ようやく今週も終わった…。