糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾・44歳。2015年頃、都合9ヶ月間で約38kg減量。今は食生活を昔に戻しつつ、筋トレ等で体を鍛えながら減量中。

3/23 1173日目 静岡蒸溜所へ

今朝の体重:78.0kg (2016/5/1の74.2kgから+3.8kg 昨日から+0.3kg)

まぁ、太るわな。今週末はもっと太るよ!!

<朝>

早朝に起床。今週末はウイスキー蒸溜所見学で静岡まで行くのだ。この春のシーズン、青春18きっぷ・鈍行の旅を企てていたのだ。

入浴を済ませ、ゼロペプシを飲んで家を出る。浦和から静岡までは1回の乗り換えで到着するものの、3時間半程度の長旅だ。

鈍行の旅といったものの、浦和から熱海まではグリーン車が連結されている。快適に車内バーを楽しむ。つまみは自宅にあった惣菜類だ。

f:id:takadera:20190323120555j:image

昔は所帯じみてて家からのお弁当とか嫌だったが、今となれば食べ慣れたものが何だかんだで一番良いと思う。車窓を眺めながらハイボールを頂く。

熱海で乗り換え。その間に緑茶500mlを買って飲む。熱海から静岡までは1時間とちょこっと。うとうと眠っていたらあっという間に到着だ。

<昼>

見学会の集合時間までまだ時間がだいぶある。行きの車内で調べておいた、ラーメンが旨い蕎麦屋へ行くことに。瓶ビールを飲みながらラーメンを待つ。

f:id:takadera:20190323120605j:image

シンプルなスープが非常に旨い。麺は縮れなしの細麺。スープまで飲み干す。

ラーメンを食べてもまだ時間があるので静岡の市街地を散策。初めて来たが大分大きい街のようだ。しかもこの土日で地元テレビ局主催のイベントを行っているらしく、出店も多く、散策する人も多かった。

しかし、こういう作られた祭りの出店はタパス的なちょいオシャレ系の店ばかりだ。まぁ、私のような地方からの観光客はこうしたイベントに来ることも少ないだろうが、できれば地元を感じるような出店を眺めたいものだ。そう思っていると、鮎や岩魚の塩焼きや、静岡おでんを出している店を発見。

f:id:takadera:20190323120616j:image
別の店で生ビールを買ってきて、おでんを頂いた。これが非常にうまかった。特に自家製のこんにゃくが絶品だった。お父さんとお母さんと話をすると、これから私が訪問する蒸溜所近くでキャンプ場や飲み屋を開いているのだとか。楽しいひとときを過ごすことができた。

おでんを食べても時間がまだあるので、喫茶店でアイスコーヒーを飲む。

その後、静岡蒸溜所見学会の開始だ。まずは静岡市内の会議室でセミナー・テイスティングを楽しむ。ニューメイク・ニューボーンなどを頂く。その後、貸切バスで蒸溜所に移動。車内ではあちこちからウイスキーのボトルやつまみが渡ってきて宴会状態だ。これが楽しい。私も少しは静岡蒸溜所に関係するものをと持参した昔のメルシャンのボトルをバス車内に放流しながらいろいろ頂いた。

蒸溜所の見学・試飲などを楽しみ、あっという間に終了。帰りのバス車内も宴会の続きだ。

<夜>

前回の宮城峡の反省を活かし、今夜は宿泊を取っておいた。宿泊組のみなさんと夜の街に繰り出す。まずは居酒屋で腹ごしらえ。さすが港町清水が近いため、魚の質が非常に良い。他の料理もどれ食べても美味かった。

f:id:takadera:20190324092950j:image

続いてバーへ。扉を開けると、客の大半は見学会参加の人たちだった。まぁ、ウイスキー好きだとこうなるわな。銘酒の数々を頂く。複数メンバーが居ると、いろんな酒類を試せるのが楽しい。

客が一段落したところでマスターが「メロンのブランデーかけ」なるものを出してくれた。年代物のポールジローを遠慮なくメロンに…。これがひたすらに美味かった。年代物は無理でも今年の夏、家でも試してみよう。

f:id:takadera:20190324093002j:image

飲んだ後、〆たくなったのだが、ラーメンではなくここはおでんだろう。胃に優しい…。静岡らしく緑茶ハイで乾杯だ。

f:id:takadera:20190324093012j:image

長かった一日が終わった。飲んだし食べた。仲間の皆さんと別れ、自室に戻り、さっと入浴を済ませて就寝する。