糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

3/13 1529日目 蕎麦ランチツアー

今朝の体重:82.4kg (2016/5/1の74.2kgから+8.2kg 昨日から-0.5kg)

ちょっと減ったがもっと減らさねば。

<朝>

起床し、入浴を済ませてゼロペプシを飲む。水2lを買って永田町のオフィスへ出社。コーヒーを淹れて飲みながら作業だ。ビジネスパートナーからの依頼で映像撮影・編集なども行う。

午後の打ち合わせなどを前に早めにオフィスを後にする。

<昼>

さて、MTG前に昼食をとるのだが、私が詰めているオフィスがある施設には実は数々の蕎麦屋が営業しているのだ。数日前から今日はそれらの蕎麦店を巡る開放デーと決めていた。そこで今日は施設内の3店舗を回ってみることに。

少し表現が難しいのだが、施設は3棟のオフィス棟と、本館と呼ばれる中心棟に分かれる。オフィス棟は更に、Aエリア1棟・Bエリア2棟に分かれる。ちなみに、私が詰めるビジネスパートナーのオフィスはAエリアに属する。

まずは、オフィス棟Aエリア近くにある蕎麦屋へ。私がよくブランパンを買い求めるローソンなどの売店が連なる奥にその店はある。写真は大もりそば(360円?)だ。

f:id:takadera:20200313222416j:image

蕎麦の香りは正直弱い。小麦粉をだいぶ加えているのだろうか。しかし、その割にガッチガチに麺が固く、そのコシ・歯ごたえは良し。そしてすごく麺が長く、盛りのボリューム満点。蕎麦自体を楽しむには麺のポテンシャルが弱いが、肉汁やカレーそばなどの変化球系では楽しめるのではないだろうか。そして何より安い。これはこれで楽しめる蕎麦屋だ。

さぁ、続いて2軒目は本館Aエリア近くの地下にある蕎麦屋だ。こんなところに?という場所にその店はある。この蕎麦屋は都内に数店舗出している店の支店らしい。もり2枚(290円程度?安!!)を頂く。

f:id:takadera:20200313222429j:image

1枚の盛りは通常の蕎麦の半分程度の分量。つまり2枚は普通の蕎麦屋の1枚程度の分量だ。メニューには「もり4枚」もあったり、「もり一枚100円ですぐに準備します」との表記もあったり。

「包丁切り蕎麦」とのことで麺のサイズはややまちまちだが、一口啜ると蕎麦の良い香りが。歯ざわりもなかなか良い感じ。ただ、少しツユの味が薄いか。でも、今回施設内で巡った蕎麦屋の中ではピカいち。旨し!

そこそこ食ったが糖質開放を決めた結果、アパタイトは止まらない。3件目はオフィス棟Bエリア近くにある蕎麦屋だ。最もアウェイにある蕎麦屋である。

実は前述2軒含め、これらの施設の蕎麦屋には「野菜炒めそば」なるメニューがある。蕎麦の上に、炒めた野菜(主にもやし・炒めた後に冷やされている)が載せられた代物であり、固定ファンが多いメニューらしいのだ。2軒目で食べようと思っていたのだが、今日は既に売り切れだったが、3軒目ではまだ残っていたため、それを注文する。

f:id:takadera:20200313222451j:image
まずは具に影響されない部分の蕎麦を啜ってその品質を確かめる。ううむ、1軒目・2軒目にはそれぞれ特徴があったが、ここの麺には特筆すべき点はない。不味いわけではないが特段美味い訳でもない。麺を求めて来る店では無いようだ。

具とともに蕎麦を頂く。シャキシャキした野菜の歯ざわり、モチモチした蕎麦の歯ざわりとのどごしが悪くはない。こういう食べ物だと思えばそれなりに美味しく食べられる。あっさりした野菜と蕎麦を、天かすが味にコクを加えてくれ、食べた満足感もある。うーん、だがこれは麺が蕎麦である必要があるのだろうか。しかし、逆に蕎麦以外の麺で合うものがあるのだろうか。中華麺・そうめん・うどん・パスタ…??。うーん…。

人気メニュー、決して不味くはないのだが何かモヤモヤした感じで〆た蕎麦ツアーだった。結果、すっかり満腹になる。

食後、MTG先へ移動。少し時間があったのでコンビニコーヒーと水500mlを飲んで時間をつぶす。その後、MTGへ。

MTGを終え、代理店とファミレスへ入り、軽く打ち合わせ。今日の振り返りと、別件の相談も受ける。有り難し。最中に緑茶を飲む。

その後、新宿へ移動して散髪だ。ここ数年お世話になっている理容師さんが独立した新しい店へ。すっかり伸ばしてしまった髪をさっぱりしてもらう。店も綺麗でサービスもこれまでと変わらない。ぜひ頑張ってもらいたいものだ。

帰路に付く。新宿から浦和までは湘南新宿ライン一本だ。車内バーでハイボールを楽しみながら帰る。

<夜>

自宅に戻り、さっと入浴を済ませ、ハイボールで夕食を頂くことに。

f:id:takadera:20200313222503j:image

メバルの煮付けが旨し。正直、昼の蕎麦がまだ胃に残っていて大分残したがな。

食後、自室でウイスキーとチェイサーの水を飲みながら作業を行うことに。