糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾・44歳。2015年頃、都合9ヶ月間で約38kg減量。今は食生活を昔に戻しつつ、筋トレ等で体を鍛えながら減量中。

11/26 2517日目 蒸溜所見学へ

朝の体重:計測せず

外泊なので計測していない。

<朝>

携帯アラームで起床する。十分寝たが、昨晩友人と深酒したため二日酔い気味で頭が少し痛い…。

だが、そんな二日酔いを吹っ飛ばすためにもジョギングをするのだ。旅行とはいえ飲んで食ってばっかりいられない。着替えてホテルを出る。

駅前の観光マップを眺めながら準備運動をして走り出す。北海道は関東を1-2ヶ月冬を先取りしたような気温だが今日はけっこう温かいようだ。とはいえ慣れていない私にはなかなか寒く、そして厚岸は湾の町のため非常に風が強い。私ですら体を持っていかれそうになる風の強さだった。

しかし、馴染みの無い街を走るのはいつもと風景が全く違って楽しい。ましてや普段のジョギング環境に無い「海」がとても新鮮だ。今日はスマホの音楽要らずで走る。

f:id:takadera:20221126090057j:image

町の両端を結ぶ橋を渡って港のあたりをぐるりと。港はあちこちで工事中だったが、牡蠣の殻の山をあちこちに発見。資材代わりなのか??

f:id:takadera:20221126090110j:image

空は雲が厚かったが、時折青空が見えたり、そこから太陽が見えたり。波に陽が照らされて綺麗な風景だった。

f:id:takadera:20221126090118j:image

写真では分かりづらいが海の真ん中に鳥居と社があった。橋の上から遥拝する。

町役場前でゴール。寒くて風が強い中だったが汗はびっしょり。自販機で緑茶を買って飲みながらホテルに帰る。

部屋に戻って慣れぬユニットバスで半身浴してがっつり汗を流した。

やがて時間になってホテルのロビーへ。今日の午前はレンタカーを借りて近くまでドライブする。自動車屋さんがホテルにお届け&ピックアップでしかも格安という非常にありがたいサービスにお世話になる。手続きをして車に乗り込み、いざ出発。コンビニで買ったコーヒーや水を飲みながら。

向かうは親父の実家、私にとってはばあちゃんの家があったエリアへ。駅前から車で15分程度行ったところだ。私にとっても懐かしい風景の広がるエリアへ。しばらく風景を眺めたりする。

f:id:takadera:20221126181215j:image

風が凄く強い中だったが。4年前に亡くなった親父の命日が明日だったりする。途中のコンビニで買った親父の好物だった缶ビールを海に流して供養代わりに。

ばあちゃん家の裏手にあった、小高い丘の上にある神社を詣でる。そこから眺める風景は格別だ。

f:id:takadera:20221126181155j:image

神社を上り下りする急な坂道にはふきのとうが既に生えていた。時間があれば採取したいなぁ…、と思いながら車へ。

f:id:takadera:20221126181229j:image

ドライブを終え、途中買い物などで店に寄りつつ、ホテルに戻る。

<昼>

レンタカー返却をホテルの人に任せ、近くの道の駅に昼食を取りに行く。

地元食材を生かしたイタリアンな店へ入店。ビール等で乾杯だ。厚岸名物の「アサリ」とこの付近の名物「花咲蟹」を使ったペペロンチーノを頂くことに。非常に旨し!

f:id:takadera:20221127004223j:image

更に、変わり種な焼き牡蠣も頂く。左から、味噌田楽・ホワイトソース・ジェノベーゼソース。どれも非常に旨し!

f:id:takadera:20221127004235j:image

期待以上の料理で夜も再来訪するか?と友人と確認してみたり。

食後、歩いて次の目的地に向かう。今回の旅の最大の目的である「ウイスキー蒸溜所訪問」だ。歩いて40分程度かかるが、食後の腹ごなしにはちょうど良い。午前の晴天とは裏腹の曇り空の中、歩いて行くことに。

途中、コンビニに寄ってコーヒーを買って飲んだり、うっかり満タン返しを忘れてしまったレンタカー屋に寄ってガス代分を支払ったり。

早めの時間に蒸溜所近くに到着。営業マターの人間としては時間を潰して正当な時間に訪問する。コロナ禍もあったので3年ぶりの訪問だ。

f:id:takadera:20221126181249j:image

PCRの結果等の報告書類の提出が必要なのだ。手続きを済ませて入館。コーヒーを頂きながら所長さんと挨拶しながらプレゼンテーションを受ける。

一通り説明を受け、レギュレーションに沿った服装に着替えて製造工程を見学。3年前と変わらない部分、変わった部分など、いろいろ質問を交えながら見学を進める。やはり物創りに対する姿勢など、見習わうべき点が多く、非常に学びになった。

やがて一通り見学を終え、ウイスキーの試飲をさせて頂くことに。既に販売した商品や、これから販売される商品など、いろいろなウイスキーを試させて頂いた。いろいろ話を伺いながら。

すっかり長居してしまい、蒸溜所を後にすることに。夕方からの雨の中、所長自らの運転でホテルまで送ってもらってしまった。お礼を申し上げて別れることに。

<夜>

一旦、部屋に荷物を置いて再び外出。近所の観光施設で夕食を頂くことに。

いくつか店があるのだが、昼のパスタ等が旨かったため、同じ店で良いんじゃね?と友人との共通見解。同じ店へ入店。

まずはビール等で乾杯し、鹿肉のサラダや生牡蠣を頂くことに。やはり旨し!

f:id:takadera:20221126181309j:image

今回の旅で何粒の牡蠣を消費するのだろう?写真の他、アヒージョとバケットも頂いた。もちろん、そこにも牡蠣は入っていた。

まだまだ牡蠣の消費は終わらない。昼の注文時、花咲蟹のペペロンとどっちにしようか凄く悩んだ、牡蠣の雲丹クリームソースパスタを友人とシェアして頂く。これもまた旨し!

f:id:takadera:20221126181317j:image

昨日はホテルの和な牡蠣御膳を頂き、今日はイタリアンな牡蠣御膳を頂き満足。降り続く雨の中ホテルに戻り、大浴場でお風呂を頂いてさっぱりする。

ホテルのレストランで最後のダメ押し、牡蠣フライだ。昨日の牡蠣御膳で出ていて非常に美味かったので発注していた。

ピートの効いたハイボールを飲みつつ、牡蠣フライはまだかまだかと待っていたが、スタッフの皆さんのうっかりミスで長時間後にようやく供された。だが、これがやはり非常に旨し!

f:id:takadera:20221127002423j:image

生牡蠣・蒸し牡蠣・焼き牡蠣等食べ方はいろいろあるが、結局牡蠣はフライが一番ではなかろうか。「一人5ピース」と注文していて「多すぎるやろ!」と友人に言われていたが、最終的に「ごめん、全然食えるわ」と謝られて、お互いペロリと平らげた。

その後はマスターおすすめのウイスキーなどを舐めながら話をしたりして楽しく時間を過ごした。

部屋に戻れば何次会か分からんが最後の飲みを友人と楽しむ。買っておいた刺し身などをつまみしつつ、ハイボール等で乾杯だ。旨し!

f:id:takadera:20221127002432j:image

飲みながら今日の振り返りなどを共有しつつ、楽しく話しながら過ごした。

やがて良い時間になったのでお開きに。しばらくゆっくり過ごして就寝することに。