糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

1/23 2210日目 鰻三昧

朝の体重:83.9kg (2016/5/1の74.2kgから+9.3g 昨日から+0.6kg)

けっこう増えた。

<朝>

起床し、しばらくぼーっとする。

さて、そろそろ時間なので地元のジム&プール施設に行くかー、と着替えようとした時、何となく第六感的なものがピーンときた。

ネットで施設の営業状況を確認したところ、何と案の定、先週から明日までの間、施設点検のため休業中とのことだった!!危なし。

であれば今日もジョギングしたろかー、と思ったが天気は曇り空。試しに外に出てみると陽がないだけでなく風もそこそこ吹いていて非常に寒い。。。ううむ、今日はやめておこう。体中に筋肉痛も残っているし。

いつも通りじっくりと入浴を済ませる。

<昼>

今日も日曜日で休みなので昼からペプシコーラウイスキーを混入させて飲み始める。岩合さんの世界ネコ歩き視聴研修をしながら。

腹が減っているので低糖質お好み焼き粉を使って調理。お供は低糖質オタフクソースだ。ビールで乾杯する。美味し!

f:id:takadera:20220123145035j:image

食後、ハイボールを飲みながらゴルフ中継を視聴する。ある程度のところで自室に戻り、軽く作業して昼寝することに。

<夜>

起床する。外はすっかり真っ暗だが外出することに。

昨日の鰻体験や、先日のうなぎランチ体験から、がっつり美味い鰻を食べたく思っていた。そのため近くの鰻屋からテイクアウトするのだ。私の住む埼玉県・浦和はかつて中山道の宿場町であり、沼地が広がっていたため鰻が名物だった。その名残で今も多くの鰻屋が商売している。

代金を払って料理を受け取って帰宅。さっと入浴を済ませて頂くことに。非常に美味し!

f:id:takadera:20220123210917j:image

肝焼き・白焼きをつまみにビールを楽しむ。肝焼きのほろ苦さ、わさび醤油でさっぱり頂く白焼き、どちらもビールによく合う。

夜ではあるが母が半分残した特上鰻重を頂くことに。鰻&硬めに炊かれたご飯とは何故こんなにも美味いのだろうか。母は食が細く、飲んでいる私にとっても半人前程度でちょうど良い量だ。

ところで、鰻店では「並」「上」「特上」のようにランクが付けられているが、それぞれの差は鰻の「質」でなく、蒲焼きの「大きさ」で差が付けられているそうな。(少なくとも私がお世話になっている店では。)

食後、ハイボールを飲みながらしばらくテレビを眺める。その後、グラスを持って自室へ。飲みながらしばらくゆっくり過ごす。

〆にスープを頂いて就寝することに。