糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾・44歳。2015年頃、都合9ヶ月間で約38kg減量。今は食生活を昔に戻しつつ、筋トレ等で体を鍛えながら減量中。

6/25 1998日目 都内巡業

今朝の体重:86.5kg (2016/5/1の74.2kgから+12.3g 昨日から-0.5kg)

そこそこ減った!

<朝>

起床する。入浴を済ませてゼロペプシを飲む。今日は永田町オフィスのビジネスパートナーとともに外での作業だ。都内を転々とするので車で移動だ。

だが、午後に東京駅にピックアップに行けば良いので余裕がある。軽く自室で作業を行う。

<昼>

昼食を済ませてから出よう。ローカーボヌードルにネギをたっぷり刻んでトッピング。旨し。

f:id:takadera:20210625125904j:image

食後、家を出る。まずはオートバックスへ。古い車の古いカーナビなのでgooglemapでも経路を表示させるためスマホスタンドを購入。

カーナビとスマホ両方使ってみて比較しながら移動。googleも十分使えるが、一旦高速を下ろし、一般道を走ったあと再び高速に乗せようとする。設定があるのかもしれないが、カーナビ専用機の方がその辺は上だな。

車は時間が見えないので早めに東京駅付近に到着しておく。今日は屋外での現場になり、暑そうなので飲み物を買っておいてクーラーボックスに冷やしておく。時間があるので車の中で作業をしながらパートナーの到着を待つ。アイスコーヒーと水を飲みながら。

やがてパートナーと合流し、まず向かうは「浅草・雷門」だ。道に迷いながらもどうにか約束の時間には間に合う。近くと言ってもちょっと遠目の場所にコインパークを発見して駐車。現場に向かって写真撮影などなどの作業を行う。

時間になり、仲見世通を往きながら駐車場へ。しばし観光気分。

続いては「十条駅」に行かなければならない。ただでさえ混む埼京線、行きも帰りも満員なのでいつもこの駅を使って通勤する人は気の毒だなぁと思っていた。こちらでも屋外作業を行う。

車を移動するとのことで駐車場から車を出そうとするものの、生憎財布には万券しかなき…。駐車場関係者であるファミレスで両替してもらってようやく出られた。パートナーら一団が到着する辺りで待ち受け、ピックアップし、続いて向かうは「石神井公園」から急遽変更された「大泉学園」へ。

夕方の時間帯のため、道が混んできて思い通りの移動ができない。到着予定時刻から20分程度遅れてしまいそうだ。関係各所に連絡を入れる。

だが、久々にパートナーと1日を過ごし、お互い作業や移動の車中の合間、いろいろ真面目な話・雑談・バカ話などを重ねる。そんな時間も楽しいものだ。

大泉学園」では現場の事情で開始が遅れており、結果的にドンピシャの時間に到着できたようだ。現場作業などを行い、時間になって次の「板橋」へ向かう。

渋滞に巻き込まれながらも何とか予定の時間に現場へ滑り込む。現場作業を行う。時間に余裕があるので、日常の自分の作業対応も行った。

時間になって最後の作業が終了。パートナーを都内の自宅へ送ることに。

明日もこのような随行が予定されている。埼玉から都内に車で行くには渋滞などなかなか大変なのよ、と話していたら「それじゃ、うちに車停めて電車で帰ればいいじゃん?」とパートナー。おぉ、その発想は無かったわ!

パートナーが管理の方と交渉したところ、「一晩だけなら…」と話を付けて来てくれたとのこと。昔から彼女はほんとこういう交渉は得意分野だ。

ウェーイ!良かったねー!とお互い荷物を整理し、晩飯を買いに行くというパートナーと駅近くで別れる。お疲れー、明日もよろしくー、とお互い挨拶して帰路に就くことに。

<夜>

ひとまず任務遂行し、帰りの車内バーを楽しむ。ビールやウイスキー水割り缶で乾杯だ。いつもと違う作業した後の一杯、非常に旨し!

f:id:takadera:20210626000643j:image

その後、自宅に帰宅し、入浴を済ませ遅い夕食を頂くことに。しかし、特につまみ等が用意されておらず…。

「今夜帰りがいつもよりも遅めになる」と母には伝えていたが、それイコール「飲んで帰る」と捉えていたようだ。散々ニュースやワイドショーで「都内で酒類19時ラストオーダー」の事情を観ているはずで深夜まで飲んで帰ることはできない、と考えられると思うのだが…。

食材はいろいろあるので調理すれば料理はできるが流石に遅い時間なので面倒だ。唯一あった「ホヤの酢の物」と昨日の残りの「麻婆茄子」を0ビール等と頂く。

f:id:takadera:20210626000653j:image

飲みながら食べながら、ノートPCとともに作業夜の部を行いながらだ。

食後、自室にてハイボール片手に残りの作業をささっとしながら。明日も比較的早い時間からの活動ではあるのだがてっぺんを越えた頃に就寝することに。