糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

1/12 2199日目 秋葉原の「お皿」

朝の体重:83.9kg (2016/5/1の74.2kgから+9.3g 昨日から-0.4kg)

そこそこ減った!

<朝>

起床する。入浴を済ませてゼロペプシを飲む。その後、自室で昨晩からの連絡対応など作業対応を行う。

やがて家を出る。午後からクライアント先で納品とMTGがあるのだ。バスに乗り、電車に乗って秋葉原へ。

<昼>

先週、秋葉原に所在するクライアント先を訪問した際、行きたかった牛丼屋が定休日で豚骨ラーメン屋へ行った

今日のクライアント訪問先は秋葉原の支店でなく、小石川の本部なのだが、やっぱり先週から例の牛丼屋を確認したくて仕方ない気持ちを引きずっていたので、今日は早めの時間に秋葉原へ来て昼食を取ることにしたのだ。

その牛丼屋、今はメイド喫茶などが上に入居する雑居ビル1Fにある。

f:id:takadera:20220112195345j:image

しかし、メイド喫茶などは後からやって来た輩だ。

この店はかつて秋葉原にあった青果市場からやっちゃ場(青果市場の別称)で働く人の胃袋を支えてきた店なのだ。40年以上に渡って秋葉原が「家電→PC→オタク」の街に変遷してきた歴史の目撃者でもある。

チェーン店でない個人経営の牛丼店でwikipediaが設けられているのはこの店くらいでなかろうか。それだけ秋葉原に縁の深い人には支持されている店だ。

私が高校時代、秋葉原を散策する際の食事処はそう多くなかった。何故か牛丼屋は多く、この店か、あの店でさっと牛丼をかっ込んでジャンク街を歩き回っていた。

この店、かつては「マダム」と呼ばれるババアが強権をふるっていて非常に殺伐と店内はしていた。携帯絶対禁止・ヘッドフォン着用禁止・私語厳禁などのこの店ならではのローカルルールがあって違反者はマダムらに怒鳴られていたような。

入店して食券を購入し、案内されたカウンター席へ。

マダム」は大分年取っていたがまだ元気そうで店に立って相変わらず無愛想なまま接客していた。「マダム」の旦那「ムッシュ(亡?)」との息子の「ギャルソン」が継いでいて、その奥さん?的な女性が店の殺伐さを大分和らげていたが。

店内には「携帯の通話・動画撮影お断り」と張り紙があるものの、昭和に近い平成の頃からこの店を知っている者からするとだいぶ規制緩和されている感が。

着席から間もなく「お皿(味噌汁・卵)」が供される。十数年ぶりのこの店の味、非常に旨し!OK範囲内なので、食事内容の写真をスマホでパチリ。

f:id:takadera:20220112195358j:image

「お皿」とは、大手牛丼チェーン店でいう「牛皿」みたいなものだ。だが、この店の違いは、牛丼の汁で煮られた大量のしらたきと豆腐が盛られるのだ。肉は勿論だが、このしらたきが非常に美味いのだ。

私は個人的に牛丼の「つゆだく」ほど許せないものは無い。あんなもの汁とともにご飯を飲み下すための汁かけご飯だ。丼とはおいしい具をふんわりほっこりしたご飯とともに優しく頂くべきものだと思っている。

なので丼ものの汁は少ないほど良い。そのため、ご飯と具が別に盛られる「お皿」は汁分量を自分好みで調整できるため、非常に理想的なメニューだ。

途中から生卵にしらたき・牛肉を浸してご飯を頂けばまた美味し。着色料少なめの紅生姜も変わらず旨い。味噌汁は相変わらず味が薄いが、お皿の味が濃い目なのでこれが丁度合うのだ。

ご飯3/1くらいのところでお皿の具を盛り、そこに残りの生卵をかけて牛丼的にしてかっ込む。これがまた至福だ。「いただきます」からずっと黙々と食べ続ける。やはりこの店にはこの雰囲気がマッチする。そして思い出補正だけでなくやはり美味い。また来ることにしよう。

食後、秋葉原から飯田橋へ移動。その後、歩いて小石川へ。

クライアントとの約束の時間が早かったので、ビル内の食堂というには綺麗すぎるレストランでコーヒーを飲みながら軽く作業する。ドリンクバーではあるがスタッフの方が丁寧に淹れてくれたコーヒーでそれが美味しくお代わりする。

やがて時間になってクライアントらとMTG開始。本題の納品物を渡した後は弊社紹介とブレスト。新しい担当者なので弊社で何ができるか説明し、クライアントの課題の解決策を話し合った。先方も前向きに協業できないか模索したい姿勢で向かって下さり、他部署にも紹介頂けることになった。ビジネス拡大に繋げていきたいが、足元の作業もしっかり対応していかねば。

1時間以上に渡るMTGを終えてクライアントの会社を後にする。夕方の時間帯なので仮店じまいし、永田町へ向かう。オフィスには寄らず、ジムへ寄るのだ。

着替えてまずはランニングマシーンで軽く走ることに。その後、各種マシーンでトレーニングする。久々のトレーニング、なかなか体に効く…。

シャワーを浴びてジムを後にし、例のコンビニへ。

通称「白州さん」である私、いつものおばちゃんらに声を掛ける。すると「一昨日来たのをキープしておいたわよ!」と。「でも2本しかなくてねぇ…」とも。いいや、2本で十分す。「山崎も取っておいたんだけど…」と言われりゃ買って帰るしかないわな。

小瓶の白州・山崎を2本づつ譲って頂いて帰路に就くことに。

<夜>

帰りの楽しみといえば車内バーだ。コンビニで買った軽いつまみとともにビール・ハイボールで乾杯だ。美味し!

f:id:takadera:20220112195407j:image

浦和に到着後、伊勢丹に用事があり。そのついでにだし巻きたまごを購入。帰宅し、着替えてつまみつつ、0ビールで乾杯だ。美味し!

f:id:takadera:20220112195416j:image

今夜のメインディッシュは鍋のようだ。白菜・豆腐・肉団子などが美味し!

f:id:takadera:20220112195423j:image

食後、ハイボール片手に自室へ。飲みながら作業対応などを行う。この間にいろいろと連絡が来ていたのでその返信などの対応を行う。

その後、しばらくゆっくり過ごし、〆に汁を少し頂いて就寝することに。