糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾・46歳。2015年頃、都合9ヶ月間で約38kg減量。今は食生活を昔に戻しつつ、ジョギング等で体を鍛えています。

2/8 2591日目 まさかの雨が

朝の体重:計測せず

外泊のため計測していない。

<朝>

今日も早朝に携帯アラームで起床する。如何せん温泉が予約制なので頑張って起きなければ狭いユニットバスでの入浴になってしまう。

まだ薄暗い中、貸切風呂へ。風がやや強くてやっぱり寒い…。でも熱い温泉に浸かれば生き返る。徐々に明るくなってくる空を眺めながらじっくり汗を流す。

時間になったので風呂を出て自室へ。ユニットバスで洗髪・洗体を済ませて改めてさっぱり。フロントに電話を入れ、今夜以降の風呂の予約をチェックアウトまで済ませてしまうことに。

コーヒーを淹れて飲みながら作業含めて準備し、水も飲みながら編集作業を進める。途中、都度メール対応や電話対応などなども行いながら。週半ばらしい作業内容だ。

<昼>

やがて昼時近くになったので仮店じまい。昼食を取りにガリッとチョコを齧ってホテルの外に出る。今日もいい天気だ。

向かうはこれまた目を付けていたラーメン屋へ。10分程度歩いてピットイン。チャーシューワンタン麺をチャーシュー丼をセットして頂く。旨し!

f:id:takadera:20230208113624j:image

醤油がガツンと効いた味わいが良い。麺は縮れ麺。チャーシューもいい感じの食べごたえで旨い。ワンタンは普通だったが。チャーシュー丼もラーメンのお供にちょうど良いサイズだ。家の近くにあったら定期的に来たくなるラーメンだった。

食後、再び歩いてホテルへ戻る。途中、山林っぽい道を歩いていたらガサガサっと音がしたので「(未だ見ぬ)鬼怒川の猫ちゃんか!?」と思いきや猿だった。そういやホテルの部屋にも「野生猿出没注意」と案内があった。

f:id:takadera:20230208113633j:image

目を合わせると襲ってくるとよく聞くので興味ないふりして別の方に目をやりながら撮影。

コンビニに寄って主に水などの飲み物を買って自室に戻る。コーヒーを淹れて作業再開だ。まずはこれまでに来ていた連絡返信などを済ませて編集の続きを行う。途中、永田町オフィスのビジネスパートナーのプレゼン様子をオンラインで収録・編集して公開したり。

やがて夕方近くの時間になったので仮店じまい。着替えてジョギングに行こう。昨日と同じく、昼はいい天気でお日様が出ていたのにこの時間は曇だなー、と思って外に出たらまさかの雨が…。マジか…。天気予報では終日晴れだったのになぁ。

スマホで雨雲レーダーを見ると既に止んでいるはずの時間だった。しかし、数時間後にまた降ってくるようだ。うーん、流石にこの寒さ(6-7℃程度?)だと少雨でも走ったろ!という訳にはいかない。

仕方なく諦めて一旦部屋に戻って着替え、散歩がてら夕食の買い出しにスーパーへ行くことにした。走る気満々だっただけに残念。ホテルの傘を借りて歩き始める。

しばらくすると汽笛の音が。東武鉄道は観光用SLが定期運行されているのだ。ちょうど線路際を歩いていたので駅を見るとまさに出発間際のようだ。慌てていい感じかつ合法な線路際を探して走ることに。

SLは非常にいいものだ。迫力がある。肉眼で眺める方を優先したのでややピンボケはご愛嬌。

f:id:takadera:20230208162735j:image

ジョギングはできなかったけど、その分、逆ににいいものを見れた。

スーパーへの道を少し迷う。迷い込んだ住宅地のアパートの軒先に鬼怒川猫発見!「猫ちゃん」と声をかけると3匹も居てこっちを振り返ってびっくり。居るのは右の白黒だけだと思っていた。

f:id:takadera:20230208162754j:image

流石に立ち入る訳にはいかないので遠くからパチリ。

スーパーに到着して買い物を済ませて帰路に就く。途中コンビニにも寄る。この頃にはすっかり雨は止んでいた。こりゃ無理して走るべきだったなぁ…。

でも、今夜は2コマ連続で貸切風呂を予約していた。なので昨日よりも更に長くじっくり湯に浸かって汗を流す。昨日よりも一回り小さい湯船だったが、それでも十分リラックス。

<夜>

自室のユニットバスで洗ってさっぱり。夕食を頂くことに。今夜も休肝するので炭酸水・緑茶で乾杯だ。先程買ってきたものと昨日からの残り物を頂くことに。旨し!

f:id:takadera:20230208184501j:image

豆腐はポットの湯で温めて湯豆腐にして頂いた。自宅から小瓶で持ってきた麺つゆとともに。

どうでもいい話だが、小瓶は最近ウイスキーのイベントの際に、サントリーが破格の値段で出していた山崎ミズナラをこっそり持ち帰った際に使ったもので、「何か小瓶無いかなー」と目に入り、洗うのが面倒なのでダイレクトに麺つゆを入れていた。どうせ料理には酒が少し入った方が旨いし。そしたら麺つゆが何ともいえぬ芳醇な香りに仕上がっていた。こりゃ非常にアリだな。

古代、徴税人の目を盗むため、当時飲んでいた蒸留したての酒を樽に入れて洞窟に隠したところ、いい感じで美味しく熟成したのがウイスキー、という起源を彷彿とさせる。

食後、いちご数粒とヨーグルトを頂いてごちそうさま。その後は緑茶の残りと水を飲みながら作業夜の部の開始だ。まずはこれまでに来ていた連絡返信を済ませ、その後は延々と編集作業を行う。

やがていい時間になって店じまい。〆に梅昆布茶を飲んでしばらくゆっくり過ごして就寝することに。