糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾・44歳。2015年頃、都合9ヶ月間で約38kg減量。今は食生活を昔に戻しつつ、筋トレ等で体を鍛えながら減量中。

12/10 2166日目 元同僚たちと

朝の体重:83.9kg (2016/5/1の74.2kgから+9.7g 昨日から+0.3kg)

ちょっと増えた。

<朝>

起床し、入浴を済ませてゼロペプシを飲む。今日の午前は自宅作業だ。クライアントの研修ウェビナーを流し見しながらいろいろと作業を行う。水を飲みつつ。

ウェビナーが終了し、身支度を整えて家を出る。午後は都内・新宿へ出るのだ。駅に着くとちょうど湘南新宿ラインのホームに「特急きぬがわ」が到着。ラッキー。迷わず飛び乗る。

<昼>

さて、まずは昼食をいただこう。今日はピザ等を食べてしまうのだ。

昨日、webで調べ物していたら何故かたまたま「シェーキーズ」の記事を目にした。ピザ・パスタ・ポテト等が食べ放題のわんぱくな店だ。かつて高校生・大学生の頃よく行っていたもので懐かしく、味云々よりも久々に行ってみることにしたのだ。

前払いの代金を支払い、セルフサービスで盛り付ける。昔は一人一皿をずっと使ってたけど今は交換し放題なのね。ピザやポテトといえばビールなので昼から乾杯したのはここだけの秘密だ。旨し!

f:id:takadera:20211210170359j:image

何ともジャンクな味、特にほとんど具が無くチープな味付けのパスタがたまらない。もうひとターンお代わりを頂いた。昔はもっと多く食べていたがすっかりおっさんなので1回お代わりすればお腹いっぱい。何なら胃もたれが怖いのでキャベジンを服用する。

ところで私の隣の席に女性が一人で黙々と食べていた。20代後半くらいで背は150cm無い程の小柄で「痩せている」というよりもむしろ「痩せすぎ」な体つきだ。そんな彼女は皿いっぱいに「じゃがいもと明太子のピザ」だけを盛って食べていた。

はじめ「じゃがいも・明太子」が相当好きなんだろうけど、折角いろんな味があるのだから一つづついろいろ食べればいいのになー、と思っていた。

ところがだ。皿のピザはすぐに無くなり、次のお代わりを取りに行き、またすぐに無くなっては取りに行き。。。しかも毎回、両手に皿を持って来るのだ。途中からお代わり回数を数えてみたが、私の1時間足らずの滞在中に何と11回お代わりしていた…。数えだしたのも途中からだったし、11回目のお代わりは私が店を出る直前だったのでまだっまだ行っていたのかもしれない…。痩せの大食いとはよく言うが。もしかしたらそっち方面のプロの方なのかもしれない。

ただでさえ胃もたれしそうなのに、更に胃もたれを強くするような思いで店を後にする。

さて、続いて散髪してもらうことに。行きつけの理容室へ行ってバッサリ切ってもらう。無精なので毎回伸び伸びになってからの散髪だ。いろいろ会話を楽しみながら時間を過ごす。

サッパリして一旦ホテルにチェックイン。先週同様、夜に飲みがあるのでホテルを取ったのだ。先週と同様、赤坂見附も使える永田町付近のホテルだ。今日も3700円(税込)也。安い!丸ノ内線で移動してホテルにチェックイン。

部屋に入ると何故か和室だった。うーん、別に良いんだけど不意を突かれた感じだ。

f:id:takadera:20211210170406j:image

まぁ、何だか温泉宿にでも来た気分だ。

まずはこれまの間に来ていた連絡返信などを行うことに。和室だがきちんとLANも備わっていてよかった。小一時間作業を行う。

作業を終えてもまだ飲みの約束の時間までそこそこある。なので大浴場でひとっ風呂浴びることに。

先週は大浴場オープン間際だったからか湯の温度が34℃と風邪をひきそうな感じだったが今日はどうかなー?と思いつつ風呂に向かっていると、ボーイさんが声を掛けてきて「湯の温度が37℃くらいしかないんです…」と。やっぱりか…。

とはいえ、37℃あれば大丈夫。実際入ってみてもゆっくり浸かるにはかえって良いかもしれない。気持ち良し!

浴後、部屋に戻ってしばらく過ごし、時間近くになったので再び新宿へ向かう。

<夜>

いつもの居酒屋に到着。今日のメンバーは度々オンライン飲みはやっていたものの、対面で揃うのは1年以上ぶりだ。ビール等で乾杯だ。居酒屋料理をいろいろと頂く。

f:id:takadera:20211211103535j:image

2時間制ということで飲み足りず2軒目へ。こちらでもハイボール等を飲みつつ、いろいろ料理をつまむ。前職の会社で時間を共にした仲間達。話は尽きない。

f:id:takadera:20211211103544j:image

てっぺんを超える頃、3軒目に行こうと店を探し始める。ただ、もう満腹なので飲むだけで良いのだが、ちょうど良さそうなバー的な店が見当たらず。であればカラオケ行くか!ということになり。

カラオケの酒は安い酒を使っていることが多々あり、悪酔いしやすいので無難なビールに戻して乾杯だ。叩ききゅうり・フライドポテトを少しつまみながら。

f:id:takadera:20211211103552j:image

そんなこんなで楽しい夜を過ごし、駅前から結局タクシーを使ってホテルに戻る。シャワーを浴びて就寝することに。