糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

12/25 2181日目 タイ料理と街中華と

朝の体重:84.9kg (2016/5/1の74.2kgから+10.2g 昨日から+1.0kg)

ううむ、昨日焼肉など食べすぎたか!?

<朝>

起床する。もうちょっと寝てたいなーと思っていた所、頑張って起床する。身支度を済ませて外出。

向かうは自宅近くにあるゴルフ練習場だ。先週の沖縄ゴルフでいい感じに掴めた感覚を固めたく。準備運動して練習開始。

友人らにも評価されていたが、どうもここ数ヶ月で少し飛距離が伸びたようだ。また、沖縄での悩みだったドライバーが左に行く問題も解決できたようだ。そして練習中、素振りからのいい感じに打つメソッドも発見できたことは大きい。

最中、水1本飲みながらこの寒さの中、Tシャツを汗だくにする。1時間打ち放題で300球以上打っただろうか。引き続きパッティング練習も少し行う。

<昼>

自宅に戻り、入浴を済ませる。母の家庭菜園で育てているパクチー地元のタイ料理屋さんに納品に行くことに。パクチーの他にもいろんな野菜を差し入れする。お店の方が喜んでくれる姿を見るのは嬉しいものだ。

ギャラ代わり、という訳ではないがそのまま昼食をご馳走になることに。ビールも頂く。旨し!店主のご夫婦と会話を楽しみながら料理を待つ。

今日のランチは人気メニュー「カオソイ」。甘辛いタイのカレーラーメンだ。今日、我が家の大量パクチー納品を見込んでいたため今日はパクチー大盛り無料サービスとのことだ。非常に旨し!

f:id:takadera:20211225220045j:image

甘辛いカレースープに、ラーメンの麺・揚げた麺・パクチーが非常に合う。そしてクリスマス仕様で星型のハムと人参が可愛らしい。

もやしや玉ねぎに加えて漬物的なものが添えられていて非常に良いアクセントに。とんこつラーメンの高菜っぽいなー、と思って食べているところ、タイ出身のシェフに聞くと「そうだよ、辛子高菜漬けだよー」と。「本当は似たような漬物がタイにあるんだけど日本の高菜漬の方が全然このスープに合って美味しいんだよねー。漬物の味は日本のものに敵わない。」とのこと。

おー、やっぱり高菜漬けだったのね。タイ料理よりも和食の方が好き、というシェフならではの泰x日のヒュージョンだ。タイ料理、だいぶ好きでいろいろ都内でもいろんな店で食べてきたがこのシェフ、ほんとどの料理も美味く腕があるなぁと毎度思う。

見た目の量と違って意外と腹いっぱいになって店を後にする。普通に帰るつもりだったが、大好きな北浦和の中華屋が週末の昼時にしては並んでいなく即入店できるためつい入ってしまう。

既にラーメン一杯頂いていてお腹いっぱいだったし、ここ数回、訪問したタイミングで品切れでありつけていない「煮込み」だが、母が昨日からモツ煮込みを仕込んでいたことを認識していたので「焼きそば」一皿だけ頂いて帰ろう、と思っていた。

だが、入店するや否や「お兄ちゃん!今日は煮込みあるよー」と店のおっちゃんやおばちゃんらにいじられる。ここ何回か品切れのタイミングで来ていたことを覚えていたらしい。

そう言われちゃうと煮込み頼まざるを終えないよねー。アサヒの大瓶とともに乾杯だ。大将の煮込み、やっぱり美味いんだなー。モツのこってりさがありつつも、汁が澄んでいてさっぱりしており。

f:id:takadera:20211225220055j:image

そして焼きそばもビールに良く合う。お腹具合が空いていれば半ライスも注文したかった。飯に劇的によく合うのだ。

f:id:takadera:20211225220103j:image

腹がはちきれそうになりながら完食。

お会計時、おばちゃんに「お友達はタイミングよくいつも煮込み食べれてるんだけどねー」と言われる。何度も共に来店している地元の友人Pも私もすっかりターゲティングされているのねー。おばちゃんやおっちゃんらと「良いお年をー」と挨拶して店を後にする。

帰宅し、ハイボールを飲みつつ、岩合さんの「世界ネコ歩き」研修を行う。軽井沢の猫ちゃん達が可愛かった。引き続き、ゴルフネットワークの過去の大会の様子を眺める。

やがて自室に戻り、アプローチやパターなどを少し試す。朝の練習で体中が既に筋肉痛だが。そして昼寝することに。

<夜>

携帯アラームに気づかず、目が覚めるとすっかり夜だった。既に妹・姪っ子が遊びに来ていた。さっと入浴を済ませて夕食を頂くことに。ビールで乾杯だ。

f:id:takadera:20211225220110j:image

やがて妹の旦那も帰宅。いつもよりも早めの時間の戻りだった。食事しながらいろいろと話す。

食事中にアレな話題だが、和式トイレの作法について盛り上がる。私にとっては目から鱗のような手順を指南されて非常に驚いた。

やがて彼らは帰宅し、ハイボール片手に自室へ。しばらくゆっくり過ごし、〆に味噌汁など頂いて就寝することに。