糖質制限で減量したり、現状維持に挑戦する記録

高寺伸吾、41歳。2015年から2016年にかけて、都合9ヶ月間で約38kgの減量に成功。ひとまず今は現状維持を目指しています。

7/19 2022日目 灼熱の中、久々の対面MTGへ

今朝の体重:86.7kg (2016/5/1の74.2kgから+12.5g 昨日から-0.2kg)

ちょこっと減った!

<朝>

起床する。入浴を済ませ、ゼロペプシを飲むことに。しばらくゆっくりして家を出る。

今日は(何週間・何ヶ月ぶりになるだろうか)久々に対面でのMTGの予定が入っているため浦和から都心へ向かうことに。テレワーク・テレカンは楽ではあるが少し物足りない感じもあったりする。客先訪問の感じ、久々で少し楽し嬉しかったりもする。

だが、外は灼熱の地獄だ。心底暑い。バス停に行く数分の間に汗だくになる。オリンピックでもしも「汗だく」という競技があるとすれば日本代表の選考会で決勝くらいまでは行けるのではないだろうか、私。チノパンも既に汗で腿辺りが少し染みている。

バス内・そして地下鉄のクーラーで汗は引いたものの、到着した市ヶ谷駅から客先までは駅からしばらく上り坂が続く。あっという間に大汗が。汗が目に入り染みて痛い…。

だが、日本代表候補である私は自分のポテンシャルを分かっているのでMTGの30分近く前、十二分な余裕の時間をもってクライアント先に到着する。何度も来ている大きな会社のため、待合いスペースやトイレ等が完備されていることは把握済みなのでまずはトイレへ。

顔をざばっと水で洗い、個室で全ての衣服を脱ぎ去ってまずは存分にクールダウンさせる。

ある程度のところでシャツを交換する。これが私の夏のオン時外出MTGの流儀だ。(夏場はバッグに替えのシャツとタオル、体を拭くウェットティッシュを入れていおくのはマストだ。)

最低限の準備を済ませても10分以上時間が余ったので待合スペースでうちわでダメ押しのクールダウン。その間に水1本飲み干した。待ち合わせ時間5分前に受付のお姉さんに取り合ってもらって担当者登場。こうして数十分前まで死にそうなほど汗を流していた姿がまさかのような、しゅっとした姿で商談に向かうのだ。

事前にメールで先方の課題や要望を聞いていた。ここ数日、なんとなく考えていたことをブレスト的にいろいろと提案しながら先方の質問などに回答。結果、納得頂け刺さった話ができたようだ。

1時間程度のMTGを終え、クライアントの会社を後にする。帰りは比較的楽な下り坂とはいえ、灼熱の中、すぐに汗だくになり…。

その後、市ヶ谷から秋葉原へ移動して用事を済ませに行く。目的地の近くにある「サンボ」の牛皿・卵、かっ喰らいてぇなぁ、と思いながら店舗を望む。

<昼>

何だかんだで午後には都内での用事を終え、浦和方面へ。今日の主なタスクを終えればこの暑さなので昼からビールを煽りたくなる。車内バー、プレモルが旨し!上野名物「チキン弁当」に入っている「唐揚げのみ」をつまみに。旨し!

f:id:takadera:20210719211438j:image

車窓を眺めながら食べつつ飲みつつ考える。

一昨日の7月17日、祇園祭の前祭の巡行日だったなー。学生時代から毎年、巡行取材後にはかつくらで(今では普通だが当時はかなり後ろめたさがあった)平日昼ビールで乾杯しながら、おひつのご飯をトンカツと共にもりもり頂いていたなー。かつくら、浦和のパルコにもあるんだよなー。

よし。飲み食べ足りないのでパルコのかつくらに行こうと決めた!

だが、パルコのレストラン街にて「既に閉店」の情報を知って膝からがっくり崩れ落ちる。マジかー。。。おいらがかもっと通ってさえいれば…。

だが、アパタイトと飲みたい欲は納まりを知らない。

パルコの中にはインドネシア料理屋がある。10年近く前になると思うが、何かビジネスになるのでは?と思い、インドネシアに10回以上?渡航していた頃があるのだ。ジャカルタ・バリ・ジョグジャカルタ…。あちらに友人も居り、未だにたまにfacebookを通して連絡を取り合っていたり。こんな暑い夏だと現地を思い出す。

店内に入ると一気に懐かしいインドネシアの匂いが。ううむ、期待できる。インドネシアのメジャーなビール「ビンタン」とともに、「サテー」(インドネシア風の焼き鳥。ピーナッツのソースが特徴)を頂く。

f:id:takadera:20210719211452j:image

…。店的に期待していた分、かつて現地で食べた味と異なっていてがっかり。。。ピーナッツソースがかなり日本ナイズドされているというのだろうか。露天で荒々しく焼かれていた現地の味が恋しい。。。彼の地ではサテーは安いだけでなく非常に旨いのだ。

ビンタンはそのままの味で旨懐かしい味だったが。

〆に牛テールスープを注文してみる。おぉ、ようやくそれっぽい味だ!旨し。

f:id:takadera:20210719211501j:image

ジャカルタでよく泊まっていた、ボロブドゥールホテル名物のオックステールスープを思い出す。(ビュッフェにはスシやサシミもあり、しかもオックステールスープも食べ放題だった。)

海外に行けるようになったらまたインドネシアにも行きたいものだ。

食後、帰宅する。まずは何はともあれ汗を流したい。水シャワーを浴びてさっぱりする。浴後、しばらく作業や電話対応などを行う。

一段落する。晩酌を始めるには流石にまだ早い時間だ。なのでシャワー浴びてさっぱりしたところだがランニングに出ることにした。近くの公園まで歩き、そこから走り始める。しかし暑い!!すぐに汗だくになる。

ようやくいつもの神社のハーブ園にゴール。休憩しながら花を愛でることに。ただ、真夏は花の種類も少ないようだった。名札があったので分かったのだが「セイヨウニンジンボク」の花が満開だった。写真を撮っていたらちょうど目の前の被写体にしていた花にクマンバチが飛び乗ってきた。

f:id:takadera:20210719211514j:image

クマンバチは大きさや見た目のイカツさの割には比較的おとなしい蜂だ。なのでじっくり撮影させてもらった。

久々の神社詣でを終え、帰路に就くことに。これだけ暑く汗を流した後の帰りの楽しみはビールで一杯だ。少し遠目のチェーン店のラーメン屋へ寄って一杯やって帰ることに。ドライの缶ビールとともに「おつまみ少なめ」を頂くことに。非常に旨し!

f:id:takadera:20210719211523j:image

ラーメン屋から家まで歩く間に再びだくだくに汗をかくのだが。まぁ、それも気持ち良いといえば気持ち良い。身軽で手ぶらな夏だからこその楽しみの一つと思えば。

ようやく帰宅し、再度水シャワーを浴びて生き返る。

<夜>

0ビールとともに晩酌を始めることに。

f:id:takadera:20210719211532j:image

食後、ハイボール片手に自室へ。作業夜の部の開始だ。遅い時間だが、電話対応などを済ませ、作業指示等を行う。

遅い時間ではあるが、チャットツールで即座に応答を頂けて心強い。流石持つものは自分でビジネスを行っているかつての仲間たちだ。取り急ぎレスが早いのは非常に重要なことだと思う。逆に、作業中に私が受けた別の仲間らからの問い合わせ・指示のレスもすぐに返信することで、明日以降の予定等もスムーズに設定することに。

てっぺん前に作業を終え、その後しばらくゆっくり過ごした。てっぺんを越した後に就寝することに。